麻雀最強戦2018 ファイナル観戦記⑤【決勝卓編】それは“運”なのか⁉︎近藤、片山、渡辺、野間…すべてに可能性があった「最強位」へのルート

麻雀最強戦2018

ファイナル観戦記⑤決勝卓編

それは“運”なのか⁉︎

近藤、片山、渡辺、野間…

すべてに可能性があった

「最強位」へのルート

【ファイナルA卓】担当記者:ZERO

 

とある人が言う。

 

「一回勝負の麻雀なんて、運ゲーじゃん」

 

最強戦を揶揄(やゆ)するときによく使われるワードだ。たしかに運に左右される側面はあるかもしれない。

ではそう言う人に問いたずねたい。

一体何回打てば「運ではない」と言い切れるのだろうか?…と。

4回?10回?20回?100回?

麻雀の成績を付けている人ならわかるはずだ。たとえ同じ人が同じ環境で1000回打ったとしても成績は大きく上下にぶれる。そこまで打っても運の要素を排除できないのであれば、1回でもいいのではないか。

 

A卓。

ハードパンチャーが揃ったものの、運命に誘われるように初代優勝者・片山が逃げ切った。

 

 

B卓。

オーラス、16巡目のことだった。トップ目の親・渡辺がツモアガリするものの流局策をとってアガらない判断をとった。するとその瞬間に「三倍満ツモ条件」の瀬戸熊と「倍満ツモ条件」の福本の2人が、裏ドラ頼みではあるものの条件を満たすテンパイを入れてリーチ、その宣言牌を岩崎が鳴いてこちらも逆転のテンパイを入れた。

 

4人に全員チャンスがある…!マンガのような急展開だが、誰もアガリに結びつかず、祈るように見守るしかなかった新宿の妖精にファイナルのチケットは手渡された。

 

(かわいい)

 

C卓。

この卓で一番印象に残ったのは、東1局に国士無双をアガった近藤ではない。追い上げた愛内や小林でもない。放銃した紺野である。放銃した瞬間、紺野は牌姿を一瞥(いちべつ)すると、全く動揺するそぶりをみせず、ただ小さく「ハイ」と言って32000点を支払った。眉1つ動かさず、それは1000点放銃したときと全く変わらないリアクションだった。

 

(眉ないけど…)

紺野にとって、勝てば今後の人生が変わるかもしれない大事な、大事な戦い。練習を重ね、心身ともに整え、この舞台に挑んできた。そうして迎えた当日、東発の親での交通事故とも呼べる不幸な出来事。その心情を察するとこちらまで辛くなってくる。際立つ勝者の陰で、運命を受け入れ潔く散った敗者は、私の目からは圧倒的にカッコよく見えた。

 

D卓。

麻雀界最高峰とも思われるメンバーに囲まれ、広島から馳せ参じてきた野間がジャイアントキリングを達成した。

 

どうだろう。参加者16人が全て、麻雀の持つ不条理を受け入れ、それでもなお、勝つ確率を0.01%でも上げようと、1つの選択に心血を注いでいる。するとそこには必ずドラマが起こり、必ず名場面が生まれる。

いや16人ではない。読者を含む全国のプロ&アマ参加者2万人がこの舞台を目指し、そして多くの人が最強戦を作り上げるために働いてきたのだ。ファイナルの決勝ともなると、もはやその場所は神々しくも見え、スタジオは隣にあるはずなのに、遠い場所での出来事のように思えてくる。

 

それでも君は「運ゲーじゃん」と笑うだろうか。

 

 

「野間の試練」

東一局、野間の親リーチで戦いは幕を開けた。

野間はアマチュア最強位。全国18772人の代表だ。野間は手つきがまだおぼつかない。それもそのはず、競技麻雀を覚えてまだ2年だと言うのだ。しかしその情熱は半端ではなく、トッププロを自宅に招いて勉強会を開いたり、各種戦術書は全て目を通したりして日々研鑽している。そして全国21か所の予選に参加し勝ち抜いてきたわけだ。普段は眼科医。しかしリーチと発声する野間の姿を見ると

 

完全に戦士の顔をしている。普段の生活を忘れ、ただただ卓上の出来事に没頭できる麻雀のなんと素晴らしいことか。そんな野間のリーチは

 

リーチドラ1のカン。何度も言うが親のリーチドラ1は狂暴だ。打点上昇の恩恵を一番受けることができる部分であり、牽制力も半端ない。そしてこのは山に4枚まるっと生きていた。

アガるのは時間の問題かと思われたが、このリーチに真っ向から立ち向かったのが、最高位でありMリーガーである近藤だった。

 

一発目にを押した近藤は、さらに進んだこの手で両無筋でありドラそばでもあるをプッシュ。次の巡目に持ってきた

 

もプッシュ。

 

近藤「勝負所と見て、全部行こうと思った」

 

勝負所が東一局にやってくることはある。いや、東一局だからこそ、放銃してもリカバリーが利くとも考えられる。こうして近藤はをツモってきてテンパイ

 

待ちのが3枚見えていて、しかも親リーチの現物であるが、それでも迷うことなくこれまた両無筋のを切ってリーチといった。

親リーチに対し、

無筋⇒両無筋⇒両無筋⇒両無筋

と切ってリーチである。

いや、たしかに勝負手だが、GOとサインがでたときの近藤の押しっぷりはまさに鬼神のようだ。

近藤の気迫に吸い込まれるように野間が一発で掴んだ。

 

裏も乗ってハネマンのアガリ。リスクを背負って前に出た近藤は大きなアドバンテージを手にした。一方で野間は強烈なカウンターパンチを浴びた。

東3局。

親番の近藤は

 

この手牌でをスルーしている。にいたっては2枚目もスルーしているので、もう鳴く気は一切ないのだろう。解説の魚谷も「Mリーグのチームメイトだけど、近藤さんの麻雀は全く分かっていません」と言っている。いや、全ての人が理解に苦しんでいると思う。

近藤は、自身の著書にこう記している。

 

>1週間くらい泣き明かした私は、少し我に返ると、ある1つの決意をしました。(これまで積み上げてきた理論は、全部捨てよう)

 

>するとどうでしょう。まるで新しい世界にでも飛び込んだかのような感覚で、自分の1打1打がとても恐ろしく感じられていたことをよく憶えています。

 

>当時私が感じていたことを、あえて平たい言葉で表現するなら、(気が狂っている)です。そのせいかもしれませんが、ちょっとでも気を抜くと、また理論が頭をもたげてきます。

(マイナビ「大きく打ち大きく勝つ麻雀」より抜粋)

 

師である飯田正人の訃報を受けたあとから、近藤の麻雀が生まれ変わったことが書かれている。当時の「近藤誠一自身」も自らの取る選択が怖く、今の我々のように理解できていなかったようだ。

 

「1500に興味はない」

 

後にそう語る近藤は、この大舞台でもスタイルを崩さない。もう理論との狭間で揺れることはなく、自信を持って打っているように見える。

この局は野間が片山から5200。近藤にとって無傷で親が流れるのは、上々の展開だと言えよう。

 

 

「渡辺の後悔」

東四局。闘う眼科医、野間がこのテンパイ。

 

すぐにリーチを打つが、その宣言牌のをポンしたのが親の渡辺だった。

 

既にをポンしており、ここで何を切るかが難しい。を打てば少し広いが、打点は5800と点棒状況的に少し物足りない気はする。しかし渡辺は中筋という事もあり打を選んだ。3巡後にツモってきた

 

このを、渡辺は一生忘れることができないだろう。

とはいえが先に切ってあって、が宣言牌のリーチだ。はほぼ通るだろうし、先制リーチの入っていることを考えるとアガリ確率を最大に構えたい気持ちはとてもよくわかる。隣で一緒に観戦していた小林剛「リーチが入っていないならともかく、これはを打つよ」と言っていた。ただ、リターンとして、ここでの5800と12000の与えるトップ率への影響を考えると、アガリ逃しや放銃のリスクをふまえても、打と勝負にいく選択肢も十分考えられるようにも思える。

 

結局、野間がツモって2000・4000。

新宿の妖精に垂らされたアガリへの糸はたったの一本だった。

 

 

「片山のif」

最後の親番である片山は、ドラのを切り飛ばし、

 

太平洋のように受け入れの広い手牌になっていた。そして今ツモってきたこのをさして考えることなくツモ切ったのだ。たしかに受け入れ枚数が雲泥の差なので、一刻も早くリーチを打ちたいこの場面では迷う場面ではない。しかし、朧夏月や八崎慎吾だったら打としていたのではないだろうか?

でも345の三色を自然に追えるが、三色になるツモはと意外と少ない。そればかりかをツモると微妙なテンパイになるし、最悪メンピンになってしまうツモも結構ある。

その一方で打とすると、ツモで高めタンピン三色のテンパイ、ツモに至ってはタンピン三色確定、残りの受け入れであるツモでもタンピンが確定する。

また、裏目にあたるをツモった際にとすることで、さらに三色率はアップ。

受け入れ枚数は少し減るが、打点は申し分ない。

この点棒状況、親だからこそ「連荘」ではなく「打点」を負うべき場面とも考えられないだろうか。

次の巡目、

 

をツモって不満ながらノベタンでリーチ。

 

この一発でツモってきたに、片山は何を思っただろうか。

Ifの世界では、裏ドラ1枚で8000オールのアガリで近藤に並んでいたかもしれない。

しかし無難に打を選んだ現実の世界では流局となってしまった。

ラス前、その片山に最後のツモを残して役満のテンパイが入る。

 

アガリ牌は、が1枚だけだが山にいた。

 

その1枚も握りつぶすかのように近藤の手へ収まった。

その近藤は、オーラスも見事自分の手でアガリ切り、

 

 

最高で最強の男となった。

果たしてこの結果は運ゲーと言えるだろうか?

野間が開局に放ったリーチドラ1も、近藤なら打たなかったのかもしれない。

渡辺の指の間をすり抜けるように落ちていったを、近藤なら確実に捉えていたように感じる。

片山が手にした豊満な手牌を、近藤だったらタンピンサンショクに仕上げていた気がする。

決して三者の選択は責められるものではない。

しかし、である。近藤だったらどの席に座っても、最強位になっていたのではないか…と、夢想せずにいられない。それくらい近藤の強さが際立つ、ファイナルだった。

阿修羅の形相で戦う近藤には近寄りがたいオーラがある。

しかしひとたび卓を離れれば、やはり私の知っている誠一さんがそこにいた。

誰にも理解できない麻雀で、最高位に続き最強位も連覇してしまう勢いを感じる。

―――物語は、「最強戦2019」に続く。

(C)片山まさゆき

ZERO(ゼロ)
麻雀ブロガー。フリー雀荘メンバー、麻雀プロを経て、ネット麻雀天鳳の人気プレーヤーに。著書に「ゼロ秒思考の麻雀」。現在「近代麻雀」で『傀に学ぶ!麻雀強者の0秒思考』を連載中。

【シリーズ記事】

麻雀最強戦2018ファイナル観戦記①【A卓編】

麻雀最強戦2018ファイナル観戦記②【B卓編】

麻雀最強戦2018ファイナル観戦記③【C卓編】

麻雀最強戦2018ファイナル観戦記④【D卓編】

 

 

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

12月15日発売!!!!

 

(C)AbemaTV