魚谷侑未、背水の陣で迎えた3勝目!! チームは4位に浮上!!

魚谷侑未、
背水の陣を引いた3勝目!!
チームは4位に浮上!!

12月13日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
1回戦は、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。魚谷は個人3勝目、チームは総合プラスに転じて4位に浮上した。

対局者は、
赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)、
EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、
TEAM雷電・黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)、
そして魚谷。

並びは、黒沢・魚谷・勝又・鈴木。

東2局1本場、魚谷が・ペンとしかけて入りのホンイツをツモ和了り。
親のマンガンで一歩リードする。

そのまま魚谷がトップ目で迎えた南3局。親番は2着目の勝又。
この親を是が非でも落としたい魚谷は、自風のチー、と果敢に仕掛けてカン待ちでテンパイ。
しかし、ここで勝又の親リーチが入る。
タンヤオ・ドラ1の7700点からの攻撃。しかも魚谷の待ちのをアンコにしてのテンパイ。
魚谷はいったんはテンパイを壊して迂回する。

そしての単騎待ちでテンパイ復活。勝又の待ちは

結果、魚谷がをツモってこの局を制し、見事トップを獲得した。

魚谷は勝利者インタビューで「気持ち的に苦しかったので、安心と言うか… 嬉しいです。(3連闘について、高畑監督に)相談して、私はしばらく休んだほうがいいんじゃないでしょうか、といったらダメですといわれて。だったら強い気持ちを込めて打ちたいので連闘で打たせてください、と申し出ました。その結果の今日も出ることになりました。」と語った。

【Result】
1着 セガサミーフェニックス・魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟)5万3000点/+73.0
2着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)2万2700点/+2.7
3着 TEAM雷電・黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)1万2300点/▲27.7
4着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)▲1万2000点/▲48.0

【Total】
1位 EX風林火山 +295.8(47/80)
2位 赤坂ドリブンズ +85.3(49/80)
3位 TEAM雷電 +24.0(49/80)
4位 セガサミーフェニックス +6.7(45/80)
5位 U-NEXT Pirates ▲50.7(50/80)
6位 渋谷ABEMAS ▲86.0(48/80)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲275.1(52/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsフェニックスvs雷電

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

12月15日発売!!!!

Amazonでの予約はこちら→「麻雀強者の0秒思考」