確率の向こう側にあった復活劇!ロマン溢れる萩原聖人劇場【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司




熱論!Mリーグ【Thu】

確率の向こう側に

あった復活劇!

ロマン溢れる萩原聖人劇場

文・真中彰司【木曜担当ライター】2019年11月7日

この日の1戦目は、2時間超えのロングゲームとなった。試合は風林火山・滝沢と雷電・瀬戸熊の激しい殴り合いを瀬戸熊が制し、見事に個人3連勝を飾る。

恒例の「RMOポーズ」を決めてご満悦の暴君。

連投も有り得る場面だったが、ロングゲームだったこともあり雷電は選手交代。

バトンを受け取って登場したのは、気合十分の萩原聖人だ。

昨季はなかなかポイントを伸ばせず苦しんだが、今季は安定した闘いぶりを見せている。

首位を走るサクラナイツを追い越せるか?

1

早速の親番、ラス牌のを引き入れ、

の3面張待ちでリーチ。

手数の少ない萩原にとって、貴重な先制のチャンスだったが…

既に索子のホンイツでテンパイしていた滝沢から、強烈な反撃を喰らう。

萩原の待ちをすり抜けるように、ピンズの無筋をと押される。

枚数では萩原の方が多かったが、ここは滝沢に軍配が上がる。

先制チャンスのはずが、手痛い親被りとなってしまった。

3

続く東3局、整った手牌になってきたところでを入れ替える。

が2枚切れていることが影響したのだろうか。

単純なタンヤオよりも、一盃口や万が一の対子手を意識した一打だ。

これには視聴者からも賛否両論。

萩原は少ない手数を打点で補うタイプの選手だが、この日は相手と状況が悪すぎる。

ドリブンズ・園田が既に仕掛けを入れている。

萩原も手牌は良いため、スピードを合わせるべき局面なのだ。

一盃口は不確定で、チートイツはテンパイ速度が遅くなりがちだ。

わざわざ受け入れを狭めてまで狙うものではない。

ここでを切るのは、Mリーガーの中でも萩原だけだろう。

その後、を引いてを切り、両面を固定するが…

次巡のツモはなんと。完全に裏目に出てしまう。

素直に打っていれば、ここでのテンパイが入っていたはずだ。

「違う、そうじゃない」

さすがの萩原もこのツモには苦悶の表情。

その後を引いて一盃口への変化はあったが、ドラのを引いてブレーキ。

園田の仕掛けには非常に打ちにくい牌だ。

チートイツに方向転換するも、チートイツには不要な3枚目ので小林に放銃。

こうなると萩原にとっては厳しい。

手数の少なさが災いし、放銃の失点を取り返すチャンスが少ないからだ。

正直な話、「負けパターン」にハマっていると思った。

21本場

そうして萩原ラス目のまま迎えた、南2局1本場。

いきなりから打ち出し、両面を拒否する。

またも視聴者を困惑させるが、すぐにをツモって事なきを得る。

この記事のタイトルとURLをコピーする