二階堂亜樹、魚谷侑未をオーラスまさかのハネマンツモで大逆転!! 5戦2勝、4連対!!

二階堂亜樹、

魚谷侑未をオーラスまさかの

ハネマンツモで大逆転!!

5戦2勝、4連対!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕15日目、第2戦は二階堂亜樹EX風林火山)が、トップを獲得。トップ目をひた走る魚谷を二階堂が猛追して、オーラスに3900点で逆転できるところを、まさかのダマハネマンツモを決めて5万点オーバー。二階堂が今季2勝目をあげた。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠セガサミーフェニックス魚谷侑未TEAM雷電黒沢咲、そして二階堂の4名。

東1局、先制したのは親の魚谷。タンヤオのシャンポン待ちでリーチに出る。マンズのメンホンのイーシャンテンだった黒沢がをツモ切って3900点の放銃。

同2本場、ドラは。魚谷がドラも切り飛ばして先制リーチ。ピンフ・赤1の待ち。ほどなくをツモってウラを1枚乗せて12000点。魚谷が東1局から大きく点棒を伸ばす。

同3本場、をポンした二階堂がドラのでツモアガリ。ホンイツ・ドラ1の8000点で2番手につける。

東3局1本場、黒沢がを切ってリーチを宣言すると、魚谷が「ロン」。アンコのカン待ちをテンパイしていた。ドラ1の2600点で魚谷がリードを広げる。

東4局、黒沢の5巡目リーチ。ピンフ・ドラ1・赤1。この早いリーチに魚谷が捕まる。ウラが1枚乗って12000点。まずは黒沢は3位に浮上。

そして南1局、トップ目の魚谷の親番。その魚谷が赤1の手を4巡目にリーチ。待ちはのシャンポン形。追いかけたのは黒沢。待ちのピンフ・ドラ2。結果は、黒沢が魚谷に返り討ちに合う。を召し捕って、魚谷は3900点を加点、さらに親番を続行。

同1本場、ドラのをポンした二階堂がアンコの待ちテンパイ。そこへまたも黒沢が斬り込む。のシャンポン待ち。

そして3人目の沢崎がリーチを宣言。…しかし宣言牌が。二階堂が8000点をアガって魚谷に700点差の2着となった。

南3局1本場、ラス目の沢崎の親番。ドラは。その沢崎が、赤1のテンパイを10巡目に即リーチ。待ちは。沢崎、をツモって6000点。この試合初のアガリを決めて3位に浮上。

さらに2本場、沢崎が7巡目にドラ1のカン待ちリーチ。追いついたのは黒沢。ピンフ・赤2の待ちリーチ。このリーチに沢崎が一発でを掴んでしまい、12000点の放銃(ウラ1)。

トップ目の魚谷と2番手の二階堂、点差は3700点。先制リーチは親の黒沢。ペン待ちのリーチのみ。そこへ追いかけたのは沢崎。ドラののシャンポン待ち。しかし、アガったのは二階堂! チートイツ・ドラ2・赤2をこっそりテンパイしており、単騎を見事ツモ! 12000点をアガって、5万点オーバーの大トップを獲得した。

二階堂はインタビューで、

「攻めがきつい3選手が相手だったので、考えることがいっぱいあって疲れました。風林火山はトップをたくさん取っているわけじゃないんですけど、ラスが少なめといういいポジションなので、この後もいい位置で闘えるよう、3人力を合わせて頑張っていきます」

と語った。

【Result】
1着 二階堂亜樹・風林火山 5万300点/+70.3
2着 魚谷侑未・フェニックス 3万7000点/+17.0
3着 黒沢咲・雷電 1万8400点/▲21.6
4着 沢崎誠サクラナイツ ▲6700点/▲65.7

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +241.9(14/90)
2位 EX風林火山 +186.3(16/90)
3位 渋谷ABEMAS +47.4(14/90)
4位 U-NEXT Pirates ▲56.4(14/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲64.3(16/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲68.4(16/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲130.4(16/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲156.1(14/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vsサクラナイツvsフェニックスvs雷電」

10月29日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
大和証券Mリーグ2020 風林火山vsサクラナイツvsフェニックスvs雷電

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!