セミファイナルの荒波を乗り越えろ! 全てを託された 鈴木優の押し引き【Mリーグ2022-23セミファイナル観戦記5/1】担当記者:徳岡明信

セミファイナルの
荒波を乗り越えろ!
全て託された
鈴木優の押し引き

文・徳岡明信【月曜担当ライター】2023年5月1日

第1試合

毎回、名勝負の盛り上がりを魅せているセミファイナルもいよいよ大詰めだ。

各チームの明暗や戦いにおけるテーマもはっきりとしてきた。
そして本日の第1試合を終えて残り3戦となったTEAM雷電U-NEXT Pirates

U-NEXT Piratesの現状であれば
・KONAMI麻雀格闘俱楽部との差を縮める
これが1番の責務にも見えるが、
セミファイナル最終日に試合が無い為、ファイナル進出により近づく為には

同じくセミファイナルに試合が無い
TEAM雷電を残り3試合でまくり暫定4位でセミファイナルを終える

これが一番の理想である。
そうすればセミファイナル最終日にKADOKAWAサクラナイツにまくられない限りは大丈夫で通過が確定する。

暫定首位のTEAM雷電と5位のU-NEXT Piratesの差ですら230.8P差であり、3回の直接対決なら充分に逆転可能な差だ。
とはいえ、並びを考えるよりもまずはチームのプラスを最優先に打つであろう。
どちらにしろU-NEXT Piratesにとって残り3試合は絶対に負けられない。

究極のプレッシャーが襲い掛かるセミファイナル終盤戦。

各チームを背負って戦う選手達の生き様、覚悟を手に汗握り見守ろうではないか。

東家:黒沢咲 (TEAM雷電)
南家:内川幸太郎 (KADOKAWAサクラナイツ)
西家:鈴木優 (U-NEXT Pirates) 
北家:松本吉弘 (渋谷ABEMAS)

東1局

先手を取ったのは優だ。
6巡目に高めイーペーコーピンフリーチを放つ。

これに捕まったのが内川。
絶望的なチームポイント状況の中でこのツモり四暗刻のイーシャンテンをオリる事など許される訳が無い。

まずは優が挨拶替わりの3900点で先制。
続く東2局

松本から3巡目の好形リーチが飛んで来る。このリーチに対して対応しながらも終盤に優が追いつく。

ドラの【9マン】が暗刻ながらも待ちは苦しいペン【3ピン】だ。
巡目も含めてダマテンの選択も取ってしまいそうな状況でも
戦闘民族は果敢に追いかける。

松本が最終手番に【3ピン】を掴み、8000点の討ち取り。
優の勇気に麻雀の神様が応えた様なアガリだ。

さらに優はあっと驚く攻めを披露してくれる。

東4局1本場

親の松本が仮テンの【2ソウ】単騎から【2ピン】を持って来てリーチに踏みきる。この親リーチに対して

優も【3ソウ】のチーテンを取って【7ピン】を勝負。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/