トイレに走り 前髪が揺れる 一牌の後先を制した仲林圭のオーラス【Mリーグ2023-24観戦記 3/5】担当記者 ZERO / 沖中祐也

トイレに走り
前髪が揺れる
一牌の後先を制した
仲林圭のオーラス

文・ZERO / 沖中祐也【火曜担当ライター】2024年3月5日

過去5年間の記憶にない、異例のデッドヒートだ。

下位4チームが生き残りをかけて60pt内にひしめく大混戦。
泣いても笑ってもあと10数試合で3チームが姿を消すことになる。

第1試合

東家:日向藍子
渋谷ABEMAS

南家:本田朋広
TEAM雷電

西家:勝又健志
EX風林火山

北家:仲林圭
U-NEXTパイレーツ

実況:松嶋桃
解説:朝倉康心

Mリーグにはトイレボタンがあるという。
画像ではわかりにくいかもしれないが…

サイドテーブルのドリンクの隣においてある、店員呼び出しボタンのような形状のものがそれだと思う。

オーラスに入る前、仲林はトイレボタンを押した。
そして画面が実況席に移ると、仲林は席を立ったのだ。

他の誰かも席を立つかな… と思ったら自分だけだったので焦った。
特に勝又の方を見ると
(あと1局で終わるかもしれないこのタイミングで休憩ですか)
という表情で、無言のプレッシャーをかけてくる。

仲林は焦った。そして走った。
全国のMリーグファンとケンジ・カツマタの機嫌を損ねないように、最速で往復しなくてはならない。アウト・イン・アウトを駆使し、コーナーをギリギリまで攻めるその姿は往年のアイルトン・セナを彷彿とさせるようだ。

走りながら、仲林はこの半荘を振り返っていた。
(あの【8マン】放銃はどうだったかな)

その局面とは東場の親番でのこの場面。

両面(【4ピン】【7ピン】)×両面(【4マン】【7マン】)の形ができている絶好のイーシャンテンで、浮いている牌をどう処理するかという問題。
仲林は【3ソウ】を切った。

【3ソウ】は対面の本田に現物だが、【8マン】は全員にワンチャンス(【6マン】が3枚見えている)なので、ごく普通の選択に見える。

ただ仲林は状況的にも雀風的にも日向のリーチ確率よりも本田のリーチ確率の方が高いとは感じていた。

実際に手負いの獅子である

本田からリーチが入る。
仲林は即座にテンパイし、残してしまった【8マン】を切ってリーチを打つと…

 

本田の手牌が倒される。

ミスとも言えないような【8マン】残し。
ただ本人は【8マン】を切る選択もかすかによぎっただけに後悔が残ったのだ。

その後悔となにかをトイレに流し、またしても卓へとダッシュで戻ったのである。

オーラス、点棒状況は以下。

2回のアガリを守った日向がトップ目で、勝又と仲林がそれを追い、本田は1人遅れた格好。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/