東城りお、勝利がこぼれ落ちた手のひらに残されたもの【Mリーグ2023-24観戦記 3/11】担当記者 #東川亮

東城りお

勝利がこぼれ落ちた手のひらに残されたもの

文・東川亮【月曜担当ライター】2024年3月11日

大和証券Mリーグ2023-24、レギュラーシーズンはいよいよ残り10戦を切るチームが出てくるところまできた。そして今シーズンは例年になくボーダー争いが激化。セミファイナル進出圏内の6位を巡る争いは熾烈を極め、最下位のセガサミーフェニックスにも逆転の可能性は十分に残されている。

3月11日の対戦カードで、フェニックス以外の3チームは現状で上位に位置する。だからといって負けていいわけではなく、勝ちたい理由はそれぞれにあるのだが、一番勝利が必要なのはどこかと言えば、やはりセガサミーフェニックス

第1試合、チームの先鋒として勝負の対局に臨んだのは、東城りお

 

第1試合

東家:浅見真紀赤坂ドリブンズ)

南家:岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ)

西家:滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部)

北家:東城りおセガサミーフェニックス)

 

麻雀牌は、勝ちたい気持ちをくんでくれはしない。東2局、東城は滝沢のリーチに捕まり、5200は5800を放銃、ラスに後退してしまう。

このとき、東城は赤赤の好形1シャンテン。滝沢が序盤に【5ソウ】を切っており、自身の目から【9ソウ】が4枚見えということで、【8ソウ】はリャンメンにもカンチャンにも当たらない、放銃パターンの少ない牌だった。

しかし、現実に待っていたのは放銃という結果。それを自身の力で跳ね返していかなければならない。

東3局、東城に【2マン】【5マン】待ちのテンパイが入る。【東】が暗刻で【赤5ピン】があり、リーチをすれば5200から、ツモれば満貫。気持ち良くリーチと行きたいところだが、東城は手を止めて思考する。

東城目線の立体牌図。自身の目から【2マン】【5マン】が4枚見えている上、下家の浅見がかなりのホンイツ模様であり、しかも鳴いている【西】【發】がどちらも役牌なので、マンズで放銃すれば満貫がほぼ確定。

もちろん、それを承知で踏み込む選択も大いにあり得るが、

東城はダマテンを選択。

その後、【4マン】を引くとテンパイを崩した。マンズは1牌たりとも打たないという構えは、勝負どころをまだ先と見ての我慢。最後はテンパイを取り切り、東城はわずかながらの加点をして、親番を迎える。

東4局、役なしリャンメンテンパイを入れた東城は先制リーチをかける。この局は岡田が【中】【白】と仕掛けてホンイツ模様な上、【發】がまだ見えておらず、東城目線では大三元の可能性すらあった。

ただ、この局を落とせば貴重な加点チャンスである親番を失い、仮に大三元であれば自身の振り込みはもちろん、ツモられや横移動であってもトップは極めて難しくなる。先ほどとは一変して、ここは攻撃モード全開に。

このとき、岡田はまだ【發】が1枚のホンイツ1シャンテンだったものの、滝沢がすでにチートイツ【4マン】待ちダマテンを入れており、東城のリーチの直後には浅見の追っかけリーチもあった。それらを振り切るドラ【4マン】一発ツモ。東城の攻めに牌が応え、満貫のツモアガリでトップ目へと浮上する。

さらに次局は浅見からタンヤオドラドラ赤の満貫を直撃、東場の親番で大量加点に成功した。

劣勢から巻き返し、気分も上々。そんな東城とフェニックスに立ちはだかったのは、MVPを狙わんとこの試合に望んできた岡田だった。

東4局3本場、リーチの滝沢からチンイツ赤のハネ満を出アガリして、東城に並びかける。

【赤5マン】は前巡に重ねた直後のポンだった。メンツとしても構成されており、これを即座に仕掛けられたところには鋭さが感じられる。

東城も譲らない。南2局、南3局は安手ながら自らのアガリで局消化に成功。

リードを保って南4局を迎えた。2番手岡田との点差は5300、ノーテンでの流局でもトップを持ち帰れるが、岡田の逆転も十分に射程圏内という点数状況。

東城としては、自身の手次第ではあえて手を組まず、いかなる結果になろうともこの局で試合を終える選択もあった。しかし真っすぐに手を組み、13巡目にテンパイ。【1マン】であればイーペーコーで出アガリが利くものの、既に場には2枚切れで、目に見えて残りは1枚である。巡目も深く、ダマテンが優位に思えた。

しかし、東城の選択はなんとリーチ。

東城はこの【1マン】【4マン】を、勝算ありと踏んだのだという。打ち手目線で見てみると、【1マン】【4マン】は見た目枚数が最大で4枚。ただ、マンズの下目が比較的早くに切られていて【2マン】は自身から3枚見え、11巡目【赤5マン】手出しの滝沢は【4マン】を持っていなさそう。そしてここで大量加点をすれば、チームに大きなトップを持ち帰るチャンスもある。

もちろんリスクもあった【8ソウ】を暗槓した後に、浅見がリーチ。浅見の手はピンフイーペーコードラドラで満貫確定、放銃すればトップの座を失う。しかしここは東城が勝った。裏ドラが1枚でも乗れば2600オールから、岡田にハネ満ツモ条件を突きつけることができる。

2枚あった裏ドラはどちらも乗らず。これによって生まれた次局で・・・

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/