【麻雀小説】中央線アンダードッグ 第35話:波風【長村大】




中央線アンダードッグ

長村大

 

 

第35話

 

 ドラ

 

オーラス、アガリトップの西家である。はっきりと苦しい配牌、重なってほしい字牌すらない。

親の第一打のをトップ目の北家がポン、ほとんど諦めるべき状況は揃った。下位勢と大きな差があるわけでもないため、親にアガられるのも面倒だ。場合によってはトップ目をアシストする必要すらあるだろう。

ところが、この鳴きでと流れてきた。

 

 

あっという間に形となった。次巡が暗刻になり、すぐにが出たのでポン、またもやすぐにが出てロン、終了。

 

 ポン ロン

 

配牌からのツモが、数字の9だけツモって役ができた。麻雀はこんなに簡単なゲームであっただろうか。

 

 

代表選挙での悔いの残る敗戦から数か月、季節は夏に差し掛かっていた。おれはBリーグ、当時はA2やB2といったリーグは存在しなかったので、つまり上から2番目のリーグで戦っていた。

皮肉なことに、かはわからないが、春先から絶好調であった。まだ全日程の半分程度を消化しただけだが、ぶっちぎりの首位を走っていた。さすがに気分が悪かろうはずもない。

同時に、選挙で負けた本人であるオオトモも、Aリーグでは好調であった。こちらこそ皮肉かもしれなかった。もちろん先のことはわからないが、残り半分、大過なく過ごすことができればおれはAリーグ昇級、オオトモは決定戦に乗ることになるだろう。

 

そんなある日、またもやオオトモから電話があり、カジとおれの二人でオオトモの事務所まで出向いた。バベルの事務所から歩いて5分ほどの場所、いわばご近所さんでもあるのだ。

 

「おはようございます。オオトモさん、どうしたの?」

カジが軽く聞く。

「いや、実は日本麻雀プロ協会、辞めようと思ってさー」

オオトモも軽く答えた。暗かったり、悲壮感みたいなものはまるで感じさせない、日常会話の延長のようだった。

カジと顔を見合わせる。

「けっこう大変なことをサラっと言いましたが……。どういうことですか? なにかあったんですか?」

今度はおれが聞いてみた。

「いや、なにがあるわけでもないんだけど。次の選挙まで2年だろ? それまで待ってもう一回やるのも面倒になっちゃってさ。麻雀にもあんまり身が入らないし」

「そのわりには好調なようですけど。で、辞めてどうするんですか?」

「新団体を作ろうと思うんだよ」

 

またもやカジと顔を見合わせた。

「新団体って、一応確認するけど、麻雀のプロ団体ってこと?」

カジが言う。

「もちろんそうだよ。選挙で手を上げてくれたやつらが来てくれれば、なんとか形になるだろ」

「いや全員来るとは限らないでしょうよ。代表選挙と新団体立ち上げじゃ全然違うし。まあそれはいいんだけど、いつからやろうと思ってるの?」

「とりあえず今年の日程終わってからだよね、さすがに」

 

しばしの沈黙を破って、カジがまとめた。

「なるほど。とりあえずオオトモさんの考えはわかりました。といってもこちらも仕事で絡んでる会員もいるし、ちょっと持ち帰って考えさせてよ」

「それはおれも同じだからね。どちらにしろ今すぐにって話ではないからさ、またおいおい打ち合わせしようよ」

 

「だってよ、どうする?」