磨き上げた意志の力 岡田紗佳この試合三度目の役牌バックは成就するか⁉︎【Mリーグ2020観戦記10/29】担当記者:ゆうせー

磨き上げた意志の力 

岡田紗佳この試合三度目の

役牌バックは成就するか⁉︎

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2020年10月29日

1試合目

東家 岡田紗佳(KADOKAWAサクラナイツ)

南家 近藤誠一(セガサミーフェニックス)

西家 瀬戸熊直樹(TEAM雷電)

北家 勝又健志(EX風林火山)

解説 土田浩翔 実況 小林未沙

「押したーー!!」

私は思わず声が出た。

視線の先には、

岡田のこの打が映っていた。対面瀬戸熊からのリーチに対して、宣戦布告。

2巡後に予定調和のように追いついて、リーチを宣言。

瀬戸熊からをとらえる。

リーチピンフドラ、この試合は、東1局、岡田の5800の出アガリで幕を開けた。

岡田は続く東1局1本場に瀬戸熊に1600を放銃し、そして迎えた東2局

勝又のリーチ一発目に岡田は、

この手格好から、

を打ち抜いた!ドラゴンもまたいで通る、そんな迫力を感じさせる一打。

次いで、やってきたるはドラの鳳凰。

44秒の思案ののち、

これも叩き切った!

だが、岡田の押しはアガリにはつながらず、この局は勝又がリーチツモ500-1000のツモアガリ。

東3局は一転、

中盤にタンヤオイーシャンテンとなった岡田は、危険なを先に逃がしてやる堅実なプレーを見せる。

東3局は流局となり、東4局1本場、再びレバーを「攻め」に切り替えた岡田は、

最大限に広げたドラドラのチャンス手を、仕掛けてテンパイし、

「守護神」近藤誠一からのアガリを決める。タンヤオドラドラ3900は4200。

東場のチャンス手はしっかりと踏み込み、微妙な手では守りも忘れない。そんな落ち着いた打ち回し。

面持ちにも余裕が感じられる。

思えば昨シーズンの岡田は、

対戦相手だけでなく、のしかかるMリーグ初年度のプレッシャーとも戦っていた。

だが、岡田紗佳は成長した。進化した。強くなった。

全く違う顔つきが物語っている。

Mリーグでの闘いや、麻雀の鍛錬、またモデルとしてのさらなる活躍など、活動の全てが岡田に自信をもたらしているのではないだろうか、そう感じた。

南場に入っても岡田は攻撃の手を緩めない。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!