俺たちにできることは過程を積み上げることだけ ドリブンズに襲いかかる闇を吹き飛ばした園田賢の一撃【Mリーグ2020セミファイナル観戦記4/20】担当記者:ZERO

俺たちにできることは

過程を積み上げることだけ 

ドリブンズに襲いかかる闇を

吹き飛ばした園田賢の一撃

文・ZERO【火曜担当ライター】2021年4月20日

セミファイナルも今日で「折り返し」となる。

来週末にはファイナリストの4チームが決まる、まさに電撃戦だ。

サクラナイツとABEMASの2チームはよほどラスが連続しない限り大丈夫だろう。
3位以下の4チームは混戦。

本日はその混戦の渦中である、3位~5位の3チームが集結した。

4月20日 1回戦

東家 日向藍子渋谷ABEMAS

南家 滝沢和典EX風林火山

西家 園田賢赤坂ドリブンズ

北家 瀬戸熊直樹TEAM雷電

東2局 山頂から運命を手繰り寄せる

園田の配牌に異様な塊が存在した。↓

この4枚ある【中】をどう捌くか。

①暗槓する 

②1枚切る 

③他の牌を切る

という3択になるが、一番良くないのは

③他の牌を切るである。

なぜなら【中】を4枚抱えながら打つことは、受け入れを狭めてしまうからだ。

特にこの配牌のように5ブロックが不確定な手牌においては、【中】は切るかカンするかすべきであろう。

一枚切るだろうな--。

私はそう感じた。

この配牌はすでにドラが3枚あり、自分が優位な状況で相手にドラを乗せてしまうリスクを嫌うと思ったからだ。

しかし

園田の選択はカン!

リンシャンの1ツモを重視した、かなり攻撃的な選択である。

リンシャンは嶺上と書き「山の上」という意味である。

山の上からツモってきたのは

【1ピン】だった。

新ドラ表示牌に【3ピン】がめくれてしまったので、できたペン【3ピン】ターツはかなり弱いターツである。

しかし上家から【3ピン】が打たれた時にこの【3ピン】をチーできるかどうかは雲泥の差である。
さらに【1ピン】【2ピン】をツモってきて強いターツに変わることもある。

手が不確定だからこそ有効牌は多い。

そしてその有効牌は、手牌に与える影響は大きい。

返り討ちに遭うリスクを受け入れてまで、園田はその1牌を重視したのだ。

こうして10巡目に

テンパイ。

山の上から引き寄せたペン【3ピン】ターツがそのまま残ってしまった。

【2ピン】を切ってテンパイを外す手もある。
とりあえずテンパイにとってダマテンに構える手もある。

しかし、またしても園田は想像とは違う選択をとった。

ペン【3ピン】でリーチ!

決して【3ピン】に手応えがあったわけではないだろう。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!