近藤誠一が祈るようにめくった最後のツモ…技術と執念が生んだ壮絶なドラマの結末 麻雀最強戦2020「ファイナル2ad」観戦記【A卓】

近藤誠一が祈るように

めくった最後のツモ…

技術と執念が生んだ

壮絶なドラマの結末

【A卓】担当記者:渡邊浩史郎 2020年12月13日(日)

最強が決まる戦い、最強戦ファイナル2nd Stage A卓は猛者の集うところとなった。

メンバーに関してはもはや解説不要。もし知りたい方がいればこれまでの最強戦観戦記を読んでいただきたい。よりドラマ性が感じられるはずだ。

A卓

東家 新津潔

南家 本田朋広

西家 多井隆晴

北家 近藤誠一

早速対局を見ていこう。

【東1局】

開局注目の選択をしたのは新津。

ここから打!新津といえばシュンツマスターの異名を持つ男。ほとんどの順子手を見切る打で、ドラの出ていかない七対子の手組にした。嫌いと公言している対子手の形をあえて活用することで、同卓者をけむに巻こうという算段だろうか。

しかしこれが見事にはまり聴牌!ここは単騎の黙テンとした。自分の河が派手であり、リーチをかけたら他家にほとんどの字牌が止められてしまい、山との勝負になってしまうだろう。それならばポロリとこぼれた時の9600を狙いに行った。

近藤の手にはが浮いていたが……

!ドラも浮いているこの手恰好から甘い牌は一牌も切らない!最強を賭けた戦いとは何かを視聴者に教えてくれる一打だ!

当然新津もそんなことは百も承知。次巡引いた単騎に受けかえる。どうせ出なさそうな単騎よりは自分に受けたときに出る可能性がある、山にいそうな牌へと待ちチェンジ。

このを本田がポンして打で躱しにかかる。

こうなったら新津も黙ってはいない。を引いたところでツモ切りリーチと打って出た。

しかしここは本田が400・700のアガリで躱す。

【東2局】

先制リーチは多井。盤石の三面張だ。

ここに勝負を挑んだのは親の本田。まずはこの形から打。安牌も少なく自分の形都合で打つならだが、ここは自身からが4枚見えで、周りのくっつきの強さを見たのだろう。が自分の目から見えすぎているというのも理由にあっただろうか。

またこういう場合はより愚形での放銃率が少ない⑤を選ぶのが普通だが、567の三色を強く見て強気にを打ち出している。本田のこの親に掛ける思いが伝わってくる。

を引いて打。もはや多井のリーチを見ていない。完全な自己都合の一打。半荘一発勝負の重みがひしひしと伝わってくる。

しかしここは多井のツモ。裏こそ乗らないものの、1300・2600の加点だ。

【東3局】

シュンツマスターとは何だったのかとばかりに第一打から両面を壊す新津。本戦はチャンタと七対子の両天秤と言ったところだろうか。

しかしこの局も多井が3巡目に先制リーチ。打点こそないものの、良形の端に掛ったいい待ちだ。

そこに追いついたのが近藤。ドラを重ねて無筋連打からの両面聴牌。当然のリーチだ!

アガったほうが一歩抜け出す最初の勝負所だったがここは決着がつかず、流局。まるで最強戦の神様が誰かが一歩抜け出すのを良しとしていないような、そんな展開が昨日から続いている。

続く【東3局1本場】でも多井が供託回収のためにタンヤオで仕掛けて出る。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!