【麻雀最強戦2020 ファイナル】優勝は多井隆晴プロ!!

悲願の最強位を

ついに獲得!!

最速最強雀士が、

名実ともに最強に!!

12月13日(日)15時より、「麻雀最強戦2020 ファイナル2nd Stage」が行われた(司会:小山剛志/アシスタント:天木じゅん/実況:日吉辰哉/解説:馬場裕一・魚谷侑未/ナビゲーター:梶本琢程)。

その模様はAbemaTV麻雀チャンネルにて生配信され、多井隆晴プロが優勝した。

多井プロは、

「しばらく勉強しなくていいかな(苦笑)。3年前や4年前(のファイナル)には、正直準備不足がありました。今回はラストチャンスだと、自分の中で言い聞かせていて、後悔したくなかったので(勉強してきました)。お世話になっていた、自分の中のレジェンドの安藤満プロが、”最強位だけは獲りたいな”とずっと言っていて、”自分が獲れないときはおまえら頼むわ、取ってくれ”みたいな感じで言われていて、10何年前から獲りたかったんですけど、勉強してきてよかったかなって、報われた気がします」

と語った。

多井プロが20年越しの挑戦で、ついに最強位の座に着いた。多井プロには竹書房後藤明信社長から表彰状、金本大会実行委員長から優勝賞金300万円と、アース製薬大塚達也会長からアース製薬商品の詰め合わせが贈られた。

▲竹書房 後藤明信社長より表彰状が送られた

▲金本大会委員長から賞金300万円が贈られた

▲アース製薬の大塚会長からアース製薬商品の詰め合わせが贈られた

本日の対戦は2020年を締めくくる「麻雀最強戦2020」の最終戦。

日本で一番麻雀が強いものを決める戦い、麻雀最強戦。今回はファイナル。各代表決定戦を勝ち上がった勝者と団体の現役タイトルホルダーが終結し、真の麻雀日本一が決まる。

昨日の16名での1st Stageの闘いを勝ち上がったのは次の8名。

対局メンバーは次の8名。

【A卓】本田朋広 近藤誠一 多井隆晴 新津潔
【B卓】堀江貴文 新井啓文 三浦智博 井上絵美子

A卓から多井隆晴プロと本田朋広プロが、B卓から新井啓文プロと井上絵美子プロが勝ち上がった。

▲A卓1位 多井隆晴プロ

▲A卓2位 本田朋広プロ


▲B卓1位 新井啓文プロ


▲B卓2位 井上絵美子プロ

 決勝は、多井・新井・井上・本田の並びでスタート。

東1局、いきなり井上にドラ3の手が入るが、ファーストテンパイは多井。同巡、新井がアンコの高め三暗刻でテンパイ。次巡、多井は のシャンポン待ちのタンヤオでツモ切りリーチ。新井もの高めでリーチを選択。イーシャンテンの井上からが放たれて、8000点。まずは新井のリードで闘いが始まる。

東2局、本田がドラ2の手からをポン。9巡目に多井がを鳴いてマンズの一色手に。親の新井がカン待ちのタンヤオでリーチ、多井が新井からをポンして待ちテンパイ。結果は新井がを掴んで、多井がマンガンのアガリとなる。

東4局1本場、新井が8巡目にピンフ・ドラ1の待ちでリーチをかけると、次巡親の本田が待ちで追いかける(ドラ)。本田がを掴んで3900点を新井に献上。新井が多井をかわして南入。

南1局、8巡目に井上がピンフ待ちでリーチをかけるが、本田との2人テンパイで流局。

南2局1本場、9巡目に井上が再びリーチ。タンヤオピンフ・ドラ1の待ち。が、1人テンパイで流局。

南3局2本場、2着目の多井が5巡目にのシャンポン待ちでリーチ(ドラ)。同巡にを重ねた本田がそれゆえにをツモ切って一発放銃。多井がマンガンと供託リーチ棒を手に入れてトップに立つ。

オーラスを迎えて各家の点棒状況は次の通り。

多井 39,600
新井 29,200
井上 18,000
本田 13,200

逆転条件は、新井はハネマンツモ、井上はハネマンを多井から直撃か三倍満ツモ、本田は連荘あるのみ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!