堀慎吾、アガリ確率50%!! 盤石のゲーム回しで、今季3勝目獲得!!

堀慎吾、

アガリ確率50%!!

盤石のゲーム回しで、

今季3勝目獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕29日目、第2戦は堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。東2局でハネマンをツモった堀が終始局面をリードし、全8局中4局のアガリを決めて盤石のトップ。サクラナイツに久々の朗報をもたらした。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ鈴木たろうセガサミーフェニックス和久津晶、U−NEXTPirates・小林剛、そして堀の4名。

東2局、親の鈴木と北家・堀のリーチ合戦。堀が一発でツモアガって、赤3の12000点。堀がいきなりの山場を制する。

東3局、鈴木がとポンしてピンズのホンイツへ向かって、ツモアガリ。8000点を回復して鈴木が2番手に。

東4局、親の小林がをポンしてのシャンポン待ちでテンパイ。10巡目、堀がピンフ・ドラ1の待ちでリーチ。和久津がを一発放銃。ウラ1の8000点で堀がリードを広げる。

南1局、小林がをポンすると、鈴木がリーチ。小林はさらにを鳴いてトイトイのテンパイ。これを鈴木から討ち取って5200点。小林が2番手に。

南2局、7巡目に堀がイーペーコー・ドラ2のカン待ちテンパイ(ドラ)。親の鈴木は食いタンヤオのカン待ちテンパイ。さらに南家の和久津がを引き入れてカン待ちリーチという三つ巴。結果は和久津がを掴んで堀への放銃。堀は5万点オーバーに達してこのまま試合終了。堀が3勝目獲得となった。

堀はインタビューで、

「(チームが)だいぶトップから遠ざかっていて、毎回おしいところまで行くんですけど歯がゆい展開が続いていたので、なんとかトップを取れてよかったです。マイナスポイントが積み重なると、無駄なプレッシャーがかかると悪いので、なんとかトップを取りたいと思ってました」

と語った。

【Result】
1着 堀慎吾サクラナイツ 5万800点/+70.8
2着 小林剛・パイレーツ 2万5200点/+5.2
3着 鈴木たろう・ドリブンズ 1万5200点/▲24.8
4着 和久津晶・フェニックス 8800点/▲51.2

【Total】
1位 EX風林火山 +366.9(28/90)
2位 赤坂ドリブンズ +270.4(30/90)
3位 渋谷ABEMAS +128.3(28/90)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +13.0(28/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲107.60(30/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲176.1(30/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲218.9(30/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲276.6(28/90)

「大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvsサクラナイツvsフェニックスvsPirates」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
11月23日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvsサクラナイツvsフェニックスvsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!