萩原聖人の祈りは…あの言葉を信じた雷電ファンに届くのか【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Fri】

萩原聖人の祈りは…

あの言葉を信じた

雷電ファンに届くのか

文・masasio【金曜担当ライター】2018年12月7日

早いものでもう12月。

今日12月7日は久しぶりにパブリックビューイングが行われる日だ。

寒さとは裏腹に、熱い対局が見られるに違いない。

 

1回戦目は波乱の展開。

南場の親番でたろう

タンヤオチートイツドラ単騎をリーチしてツモアガった。

トップは決まったと思われたが・・・

 

  チンイツで12000

 

一発ツモ6000オール

 

 また一発ツモ6000オール

たった3局で48000点を稼いだセレブ黒沢がトップで試合を終えた。

前原、朝倉は手も足も出ず、たろうは2着とはいえ、トップ濃厚なところからのまくられと、黒沢以外は悔しい半荘となった。

 

それを受けて各チーム選手交代。

 

 好調な黒沢、好調なチーム雷電。

タスキを受け取ったのは・・・

 

 この男。

拳を固めて祈る視線の先には何を見据えるのか。

対する他3チームは前の半荘の借りを返そうと虎視眈々とトップを狙ってくるだろう。

雷電萩原は、現在個人成績最下位。

もしかしたら、他のチームはチャンスだと思っているかもしれない。

逆に好調なチームの流れに乗って浮上のきっかけになれば大きいが、果たしてどうなるか。

そういえば、今回の対局者4人は全員ポイントマイナスだ。

どことなく暗い雰囲気がただよっているが、

「よろしくお願いします!!」

村上だ。

一気に場が明るくなって、ゲームスタート。

東1局から手がぶつかる。

まずは親の村上が元気な発声でリーチ!

中ぶくれシャンポンだが役牌のを狙ってのリーチ。

こういう手でダマテンにしてしまう人もいるが、リーチしてしまったほうが良いだろう。

対する高宮もすぐに追いつく

 

 当然ドラを切って、リーチピンフドラ1のリーチだ。

と思いきや、高宮はを切ってリーチ。

確かにはドラだが・・・

高宮もプレッシャーがあるのだろう。

前回、麻雀格闘倶楽部は悔しい3着。

ポイント的にトップは欲しいが、ラスも引きたくはない。

相手は親リーチ。

トップ?でもラスは嫌だ、でもチャンス手、でも・・・

結果的にを切ってリーチになってしまった。

リーチの際も手つきが迷っていたような気がしたが高宮の心中やいかに。

 

 

高宮は今日は苦しそうだなと思ってみていたのだが、

嬉しいツモアガリ。

迷いを吹き飛ばすマンガンツモアガリで幸先良いスタート。

 

東2局

石橋が狙い通りを重ねてツモり三暗刻でリーチ!!

 

これを受けて萩原。

 

切るならか。

は放銃だが、この手からなら切ってもおかしくはない。

しかし萩原は切り。

石橋のリーチ宣言牌がだったので、そばのが打ちづらかったのだろう。

まあ1巡耐えてもどうせすぐ放銃になっちゃうな・・・と思ってみていると・・・

 当たり牌を使い切れるを引いてリーチ。

ピンチをチャンスに変えてしまった。

これを赤ドラドラのテンパイだった村上から打ち取り、7700。

普段の萩原なら、を切ってタンヤオにして、さらににくっつけて・・・とやりそうなものだったが、思い切ってを切ったのが功を奏した。

その後も加点を続け、トップ目萩原を高宮が追いかける展開で南入

しかし他の二人も黙ってはいない。

まずは親の村上が高宮から12000

 

高宮1歩、いや2歩後退。

さらに石橋

 

一発ツモで2000/4000

さすがに村上も石橋も黙ってやられるような柄ではない。

萩原のトップを脅かす・・・

ように見えるのだが、実はこれは萩原にとっては良い知らせ。

2着以下3人の点差が小さいので、2着争いをしてくれそうだ。

そうなれば萩原がトップを取りやすくなる。

展開も萩原に味方してきたか。

流局が続いて南3局。

後2局だ。

後がない高宮の親番。

高宮は2着を目指すのはもちろんだが、チーム状況的に2着で良しとは言ってられない。

出来ればこの親番で加点してトップを狙いたい。

その高宮の8巡目

面白い手牌

 

を切るとの7種類24枚でテンパイ

を切るとの7種類24枚でテンパイ

一見迷いそうだが、が2枚切れていることもあって、高宮は迷わずを切った。

迷いがないのはいつもの高宮だ。

東1局の迷っている高宮はもういない。

ほどなくテンパイしてツモアガリ。

 お、裏ドラ乗ってマンガン!

ではない。裏ドラをめくるときに勢い余ってこかしてしまった。

これはいけないが、うれしいアガリでまずは2着目に。

次局、高宮の配牌

 まずまずだ。

対する萩原。

 

これは国士に行くしかない。

3シャンテン。

なんとしてもトップの欲しい高宮が最高の仕上がりでリーチ。

これをアガればトップが見えてくる。

そういえば1回戦も黒沢が南場の親で一気にトップになっていた。

ツモる手にも力が入る。

が、まさかの萩原。

 国士無双のテンパイだ。

2枚切れのをすっと切ってテンパイ。

大丈夫。

バレてない。

待ちのは1枚切れ。残りは?

 

石橋だ。

少しでも粘ろうとするとが出てもおかしくないが、石橋は

手牌が悪すぎたのが幸いしたか。

萩原が震える手で持ってきたのは・・・

端っこ!

 アガリ牌ではない。

高宮のリーチはの切りなのでは若干切りやすいが、はワンチャンス。

萩原はを選択。

これで目立ってしまった。

解説の多井は切ったほうが目立たないと言っていたが、さすがにどちらでも一緒だろう。

をツモ切ったほうが、まだマンズの染め手の可能性が残るので、のほうがいいくらいではないだろうか。

いずれにしても、石橋にはまだ現物がある。

現物が無くなればまだわからないが・・・

無情にも高宮のツモ。

今度は落ち着いて高めをツモって4000オール。

萩原の国士無双は夢想となってしまった。

この展開でもトップが取れないのか・・・

 

しかし萩原最後の頑張りを見せる。

切ってリーチすればツモるか裏ドラでマンガンだ。

まだまだ分からないなと思ってみていると、萩原は切ってダマテン。

マンガンが見えているのに、あえて安い方で待った。

確かに枚数はこちらの方が多いが・・・

トップをあきらめてしまったのか。

そこに村上が襲い掛かる。

 

自分の目からが4枚見えている。

狙い通りのリーチ。

は4枚生きている。

萩原ピンチ。

次巡

 三色だ。

萩原はこれを見ていた。

こうなるなら1枚使ったカンよりもカンのほうが良い。

選択の是非はともかく、牌は萩原の意思に応えた。

枚数は4対3

村上有利。

勝ったのは・・・

 

 これは力が入ってしまう。

意志の勝利。

マンガンの4本場で再逆転。

さあオーラスだ。

萩原か、はたまた高宮か。

萩原配牌

 アガリトップでこの配牌。

まずまずまとまっている。

高宮配牌

 

赤とドラが組み込まれておりこちらも速そうだ。

 

 もうここを引くか・・・

すると高宮も

メンツを完成させる。

 

萩原か?

 

 

高宮か?

 

 高宮だ。

 待ちのテンパイ。

5枚残っている。

アガったのは……

 

 

萩原だ!

高宮との壮絶なシーソーゲームを制した。

これで雷電は2連勝。

ポイントを大きく伸ばし、3位に浮上した。

そして萩原。

久しぶりのトップにあの決めセリフを聞くことができた。

 

「雷電の麻雀は面白いですよ!!!」

 

萩原はトップを取ったが、まだ個人では大きくマイナスして最下位に甘んじている。

「このトップをきっかけに、調子が上向いてー」

と思いたいところだが、現実はそう甘くはないだろう。

現状、チームメイトの黒沢と瀬戸熊の驚異的な勝ちっぷりでチームは3位だが、いつまでも黒沢、瀬戸熊におんぶにだっこというわけにもいかないはずだ。

「雷電の麻雀は面白いですよ!!」

確かに、黒沢と瀬戸熊の麻雀は見ていて面白い。

二人ともさすがの麻雀だし、結果も残している。

私は今日の対局を見て、少し萩原の麻雀の面白さが分かった気がする。

しかし一方で、まだ何かが足りないような気もする。

「雷電の麻雀は面白い!!」

私がこのセリフを心から言えるかどうかは、萩原聖人の手にかかっている。

萩原さん。まだまだこんなもんじゃないですよね??

 

masasio

天鳳8段、元雀荘のメンバー。ライター初挑戦のニューフェイス。Twitter→こちら 

(C)AbemaTV

 

 

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

12月15日発売!!!!

Amazonでの予約はこちら→「麻雀強者の0秒思考」