朝倉康心の苦悩…相手の手牌が読めすぎてしまう件【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Fri】

朝倉康心の苦悩…

相手の手牌が

読めすぎてしまう件

文・阿部柊太朗【金曜担当ライター】2018年12月7日

 

「性能のいいマシンが参戦する」

と聞き、フェラーリやベンツを想像していたらジェット機が来たという感じ。

鳴り物入りでデビューした藤井聡太四段(現七段)に対して、高野秀行六段が送った言葉だ。

そして今年、麻雀界でもある男の鮮烈なプロデビューに衝撃が走った。

朝倉康心、32歳。

インターネット麻雀”天鳳”において、人間には不可能とまで言われた最高の称号、天鳳位を2度も獲得。

ネット麻雀界において神格化された存在として、その名を轟かせた。

2018年、それらの功績が評価され最高位戦日本プロ麻雀協会に推薦入会。特例でB1リーグからの参戦を許可された。

しかし、一部では「ネット麻雀は強いけど…」などと実力を不安視する声も上がった。

朝倉はこれらの声を結果で吹き飛ばした。

名だたるプロたちを抑え、581ptを叩いてのぶっちぎりの優勝。まさにジェット機のごとき性能を見せつけ、麻雀界に衝撃を与えた。

そう、朝倉は強い。強すぎるのだ。

開局、親番で好配牌の朝倉、5巡目で早くもイーシャンテン。

くっつき候補の選択だが、朝倉は打を選択。

他家全員がピンズの上を切っており、周りの場況が良好。マンズは多面待ちに魅力を感じたといったところだろう。

朝倉の読み通り、この時点でが3枚・が3枚残っている。

相手の手牌読みに優れた朝倉は、こういった選択を間違えない

しかし山にあったからといって、自分の手に来るとは限らない。

目の前で前原とたろうにをツモ切られてしまう。

「山にあるのは知ってんの!」

という朝倉の心の声が聞こえた。

そして朝倉の手に来たのは無情にも

手牌が読めていたがゆえのテンパイ逃しだ。

それでも朝倉は目の前の最善を尽くすのみと前を向く。

が3枚切れたので価値の低くなったを切り、を残す。

するとそのに反応したのがたろう。

赤含みでをチー。バックでアガリに向かう。

数巡後、狙い通りも鳴け、待ちの高目マンガンのテンパイを入れる。

12巡目、ようやくテンパイで追いついた朝倉。

ドラドラということもあり、のどちらかを切ってリーチをかけるかと思われた。

しかし朝倉の選択は切って役なしのダマテン。

これは朝倉の読みが抜群に光った選択だ。

たろうの仕掛け出しはのリャンメンチー。そしてポンだ。

3度の飯より高打点が好きなたろうが、リャンメンチーから入りバックで仕掛けて安いことがあるだろうか?いや、そんなことはないだろう。

そしてたろうに当たりそうな牌はの2分の1に絞られている。