朝倉康心の苦悩…相手の手牌が読めすぎてしまう件【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Fri】

朝倉康心の苦悩…

相手の手牌が

読めすぎてしまう件

文・阿部柊太朗【金曜担当ライター】2018年12月7日

 

「性能のいいマシンが参戦する」

と聞き、フェラーリやベンツを想像していたらジェット機が来たという感じ。

鳴り物入りでデビューした藤井聡太四段(現七段)に対して、高野秀行六段が送った言葉だ。

そして今年、麻雀界でもある男の鮮烈なプロデビューに衝撃が走った。

朝倉康心、32歳。

インターネット麻雀”天鳳”において、人間には不可能とまで言われた最高の称号、天鳳位を2度も獲得。

ネット麻雀界において神格化された存在として、その名を轟かせた。

2018年、それらの功績が評価され最高位戦日本プロ麻雀協会に推薦入会。特例でB1リーグからの参戦を許可された。

しかし、一部では「ネット麻雀は強いけど…」などと実力を不安視する声も上がった。

朝倉はこれらの声を結果で吹き飛ばした。

名だたるプロたちを抑え、581ptを叩いてのぶっちぎりの優勝。まさにジェット機のごとき性能を見せつけ、麻雀界に衝撃を与えた。

そう、朝倉は強い。強すぎるのだ。

開局、親番で好配牌の朝倉、5巡目で早くもイーシャンテン。

くっつき候補の選択だが、朝倉は打を選択。

他家全員がピンズの上を切っており、周りの場況が良好。マンズは多面待ちに魅力を感じたといったところだろう。

朝倉の読み通り、この時点でが3枚・が3枚残っている。

相手の手牌読みに優れた朝倉は、こういった選択を間違えない

しかし山にあったからといって、自分の手に来るとは限らない。

目の前で前原とたろうにをツモ切られてしまう。

「山にあるのは知ってんの!」

という朝倉の心の声が聞こえた。

そして朝倉の手に来たのは無情にも

手牌が読めていたがゆえのテンパイ逃しだ。

それでも朝倉は目の前の最善を尽くすのみと前を向く。

が3枚切れたので価値の低くなったを切り、を残す。

するとそのに反応したのがたろう。

赤含みでをチー。バックでアガリに向かう。

数巡後、狙い通りも鳴け、待ちの高目マンガンのテンパイを入れる。

12巡目、ようやくテンパイで追いついた朝倉。

ドラドラということもあり、のどちらかを切ってリーチをかけるかと思われた。

しかし朝倉の選択は切って役なしのダマテン。

これは朝倉の読みが抜群に光った選択だ。

たろうの仕掛け出しはのリャンメンチー。そしてポンだ。

3度の飯より高打点が好きなたろうが、リャンメンチーから入りバックで仕掛けて安いことがあるだろうか?いや、そんなことはないだろう。

そしてたろうに当たりそうな牌はの2分の1に絞られている。

はもちろん切れないし、を引いた時に受け止められるようにしておきたい。

相手の打ち筋、手牌が読めているからこそのダマテンだ。

しかし皆さんはご存知の通り、たろうの待ちは無情にも

もし考えなしにを切ってリーチをかけていたら、たろうが先にを掴んで7,700や12,000のアガリを拾えていただろう。

読めすぎた。読みが鋭すぎたがゆえのアガリ逃し。

「アガらないなら、俺がアガるよ」

と、たろうの1,000・2,000ツモで決着。

強すぎた。朝倉は強すぎたがゆえに、2,000点を支払わされた。

 

東3局3本場、7巡目にカンでテンパイを入れるが、これもダマテンに構える。

一手変わりで三色が付くこともあるだろうが、なによりもにアガリの感触がないことが一番の理由だろう。

河をよく見ると、この巡目までソウズは黒沢の切っているの1枚しか顔を見せていない。

ソウズの真ん中は他家に厚く持たれていると朝倉は読んだのだろう。

読み通り、全員の手牌にソウズの真ん中は厚かった。

朝倉の欲しいを除いては…。

こちらも考えなしにリーチをかける人であれば山に3枚残りのをツモって1,000・2,000、あるいは2,000・4,000になっていたかもしれない。

朝倉は考えた。だからこその500・1,000。

南2局、朝倉はここから切りを選択してカンの受けを固定する。

他家の手出しから、が山に多く残っているだろうと考えたのだろう。

しかしこのも朝倉の手を避けるように他家に切られていく。

「だから山にあるのは知ってんの!!」

と、もはや叫びにも近い声が聞こえた。

読みは鋭かったが、ツモだけがついてこない。

そんなまどろっこしい展開の中で、事件は起きた。

南3局、親の黒沢の手牌。

をポンしてチンイツの単騎テンパイ。

不幸にも、そのを掴まされたのが朝倉。

20秒ほどの長考の末、をツモ切って黒沢に痛恨の12,000点放銃。

この20秒間、一体何を考えていたのか?

私の問いに朝倉は重い口を開いた。

 

朝倉「ピンズの一色手だってことは当然分かってたから、放銃したら高いことも十分承知してた。だけど手を崩してオリたとしても、黒沢さんがアガれば自分は4着濃厚になる。自分の手も十分にアガリりの見込める手牌だったから押した方が得だと思ったんだよね。」

 

それにね…と続けて自身の読みについても語った。

 

朝倉自体の危険度はあまり高くないと思ってた」

朝倉「僕が1巡前に切った、そしてたろうさんが切ったの両方を鳴いてない。そしての手出しが入って、僕が切った2枚目のをポン。これらの情報からが当たる牌姿がイメージできなかった」

 

実際に黒沢はたろうの切ったを鳴ける牌姿であったが、鳴かなかった。

このことが朝倉の読みを狂わせた。

一色手だと考えて、全ての牌でオリることは簡単だろう。

しかし朝倉は自分の読みを信じて攻めることを選択した。

この放銃を誰が攻めることができようか。

考えなしに不要な牌を切ったのではない。

朝倉という強すぎる男が、20秒という長い思考の末にたどり着いた答えなのだ。

オーラス、逆転のツモり四暗刻のテンパイを入れるが、最後の1牌が朝倉に微笑むことはなかった。

思考を絞りつくした先に待っていたのは-53.2ptという残酷な結末。

麻雀というゲームの儚さを感じる。

しかし、パイレーツの朝倉の航海はこんなことで終わりやしない。

この荒波を乗り越えて朝倉は戻ってくるだろう。

Mリーグという航海の終着点で、不器用に笑うその姿が容易に想像できる。

なぜかって?

そんなの、強すぎるからに決まっているじゃないか。

 

阿部柊太朗

最高位戦日本プロ麻雀協会所属。オンライン麻雀「天鳳」の牌譜機能を駆使した超緻密な観戦記が話題に。ブレイク間近の若手プロ雀士。

(C)AbemaTV

 

 

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

12月15日発売!!!!

Amazonでの予約はこちら→「麻雀強者の0秒思考」