EX風林火山・二階堂亜樹 チームプレイに徹したオーラス、ラス回避重視のヤミテン【Mリーガー29人の名手】

EX風林火山・二階堂亜樹

チームプレイに徹した

オーラス、ラス回避重視の

ヤミテン

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 11/22

第2試合 南4局1本場 ドラ

東家 鈴木たろう赤坂ドリブンズ

19800

南家 二階堂亜樹EX風林火山

18600

西家 近藤誠一セガサミーフェニックス

33200

北家 内川幸太郎サクラナイツ

28400

オーラスで微差のラス目の南家・亜樹。567の三色確定のタンヤオ・赤でテンパイした。トップの近藤、2着の内川からの直撃、ヤミテンでのツモなら2着。リーヅモなら逆転トップの形だ。待ちはのシャンポンと苦しいが、はたして亜樹の決断は?

 

 

「ラス回避も重んじた我慢のヤミテン」

どのみちラス目だし、上家のたろうがピンズの染め手模様なのでの出を期待してリーチという人もいるだろう。何よりツモればトップだし、たろうから出ても裏ドラ1枚で2着浮上だ。

だが亜樹はヤミテンを選択した。

リーチの場合、出アガリの可能性は激減する一方、たろうがピンズに走っている状況でのヤミテンなら、近藤・内川からの出もある。もちろんトップは取りたいが、ラスから2着への浮上も40p(順位点10・30)の価値があるのだ。リーチをかけても3着のたろうは容易にオリず、流局してラスのままでは最悪だ。つまり、ヤミテンにはラス回避率を高める意味もあるのだ。

 

結果的に亜樹はこのままをツモり「リーチならば…」という視聴者も多かったが、チーム戦ということを考慮した卓上の舞姫らしい判断といえよう。

 
Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

発売中‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!