私は私のまま戦って敗れたい 放銃上等で押し切った高宮まりの決意【Mリーグ2020観戦記2/9】担当記者:ZERO

私は私のまま戦って敗れたい

放銃上等で押し切った

高宮まりの決意

文・ZERO【火曜担当ライター】2021年2月9日

レギュラーシーズン残り20試合を切ったこの日の対戦カードは

各チームのお姫様VS3連勝中の白鳥という構図。

しかし華やかな構図とは裏腹に、この夜は開局から熱い火花が散っていた。

2月9日 第1試合

東家 二階堂亜樹EX風林火山

南家 丸山奏子赤坂ドリブンズ

西家 白鳥翔渋谷ABEMAS

北家 高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部

東1局

まずは親番の亜樹が先制。↓

ここからを切ってリーチしたのだ。
などでテンパイを外すと、が出ていくことも多い。

だからリーチに踏み切るのはごく自然な判断である。

ただ亜樹がスッとリーチを打つのは意外だった。

(こんな待ちでリーチしたくないんだけどなぁ)
と、表情もどこか不満げ。

とはいえ、相手からしたら何よりも怖い亜樹の親リーだ。
牽制効果は雷電の次に高いだろうな…と思って見ていたら

ビシッと1発でドラそばのを押す打ち手がいた。

高宮だ。

赤く染まった髪の先端が、燃えている心を暗示しているかのよう。

高宮はさらに両無筋のもプッシュ!
筋のをプッシュ!!
猛烈に押していく。

なお、道中の丸山もしれっと無筋を切っていた。

ここから打
オリるなら、中筋のが良さそうに見える。
好形率の高い亜樹のリーチならなおさら。

あっ…!そういえば亜樹はカンだった!

さらに丸山はこの手でも当たり牌のを切らず、ドラのトイツ落としを敢行。↓

赤を使ったカンはありうるし、では1巡しか凌げない。
それならばドラだけど2巡凌げるのほうが…という思考だろう。

丸山は先週の今日、トップを取ってドリブンズ反撃の狼煙を挙げた。
トップが決まった瞬間、感極まって涙ぐんでもいた。

ただ1勝だけではダメ、次につなげたい…という思いを秘めている。

そうこうしているうちに高宮にテンパイが入る。↓

無筋をたたっ切っての待ち!
は亜樹の現物だ!

東1局、巡目も早い。

だからこそまだ取り返しはつく。

放銃上等!

どう転ぶかわからないけど、戦う姿勢は崩さないわ!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!