沢崎誠、東場の加点で悠々逃げ切り!! 10戦5勝の好成績で、サクラナイツを3位に牽引!!

沢崎誠、東場の加点で

悠々逃げ切り!!

10戦5勝の好成績で、

サクラナイツを3位に牽引!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕39日目、第2戦は沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。東2局の親マンガン、東ラスでのマンガンと効果的なアガリを決めた沢崎が5勝目を獲得。サクラナイツがABEMASをかわして3位に浮上した。

第2戦の対局者は、渋谷ABEMAS白鳥翔セガサミーフェニックス茅森早香TEAM RAIDEN / 雷電・本田朋広、そして沢崎の4名。

東2局、西家・茅森の先制リーチに親の沢崎が追いかける。タンヤオ【6マン】【7マン】待ち(ドラ【6マン】)。これに茅森が【6マン】で一発放銃。12000点のアガリで沢崎が先行。

東4局1本場、ラス目で親をむかえた茅森が本田の先制リーチに追いかける。赤1の高めタンヤオ【3マン】【6マン】【9マン】待ち(ドラ【3マン】)。本田が一発で【9マン】を掴んで7700点。

次局、沢崎が5巡目にリーチ。チートイツ・ドラ2の【發】単騎待ち。この【發】が白鳥から打ち出されて8000点。これで沢崎のトップがためが盤石となる。

オーラスも、ドラで生牌【白】を率先して打ち出し、ピンフのみの1000点を本田から仕留めて試合終了。沢崎が5勝目をあげて、サクラナイツがABEMASをかわして3位に浮上した。

沢崎はインタビューで、

「チームにとって久々のトップですから、うれしいですね。これでチームに勢いがつくと思います。これからもチーム一丸となってトップを目指して、上位を目指して行きたいと思いますので、応援よろしくおねがいします」

と語った。

【Result】
1着 沢崎誠サクラナイツ 4万5800点/+65.8
2着 茅森早香・フェニックス 2万4800点/+4.8
3着 白鳥翔・ABEMAS 1万6700点/▲23.3
4着 本田朋広・雷電 1万2700点/▲47.3

【Total】
1位 EX風林火山 +469.5(38/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +325.7(38/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +83.9(40/90)
4位 渋谷ABEMAS +1.2(40/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲26.4(38/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲66.6(40/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲250.9(38/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲536.4(40/90)

大和証券 Mリーグ サクラナイツvsABEMASvsフェニックスvs雷電

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
12月9日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ サクラナイツvsABEMASvsフェニックスvs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!