佐々木寿人、滝沢に続いて100戦目を勝利で飾る!! 麻雀格闘倶楽部はチーム4連勝!!

佐々木寿人、

滝沢に続いて100戦目を

勝利で飾る!!

麻雀格闘倶楽部は

チーム4連勝!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕14日目、第2戦は佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。滝沢に続いて佐々木のMリーグ通算100戦目となった第2試合。滝沢に対抗心をいだく佐々木はバイマンツモでトップを奪取。麻雀格闘倶楽部はチーム4連勝となった。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎セガサミーフェニックス魚谷侑未TEAM雷電黒沢咲、そして佐々木の4名。

東2局、親の魚谷がダブ【東】ポンからのドラ1・赤1をツモアガって4000オール。魚谷が先行する。

同4本場、南家・黒沢が3巡目に赤1の手でリーチ。待ちは【4マン】【7マン】。11巡目、黒沢が【西】をアンカン。仕掛けを入れていた内川の手がつまり、【4マン】が打ち出される。ウラが2枚乗って8000点。

東3局、魚谷が【9ピン】【7ソウ】【北】とポンして【5ソウ】【白】のシャンポン待ちのトイトイをテンパイ。そしてここで、佐々木が目を覚ます。タンヤオ・ドラ1のイーシャンテンで【8ピン】をアンカン。カンドラを2枚のせて、12巡目にツモリ三暗刻のリーチを敢行。待ちは【3マン】【6マン】(ドラ【4ピン】【3マン】)。4巡後に【6マン】をツモって4000・8000! 一気にトップ目に躍り出る。

その後は、オーラスで内川が魚谷をかわして僅差の2着目に浮上するが、1本場では魚谷の1人テンパイで再度着順が入れ替わって試合終了。

佐々木が滝沢に続いてMリーグ100試合目をトップで飾り、麻雀格闘倶楽部はなんとチーム4名が全員トップをとって4連勝をなしとげた。

佐々木はインタビューで、

「苦しかったですけどチーム4連勝、うれしいです。僕で連勝を止めたくないというのもありますし、南場に入ったあたりで(4連勝を)意識し始めました。同じ100戦目だったので、滝沢にできて僕にできないことはないだろうって意識していました」

と語った。

【Result】
1着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 3万2300点/+52.3
2着 魚谷侑未・フェニックス 2万9600点/+9.6
3着 内川幸太郎サクラナイツ 2万8300点/▲11.7
4着 黒沢咲・雷電 9800点/▲50.2

【Total】
1位 EX風林火山 +319.1(14/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +77.8(14/90)
3位 セガサミーフェニックス +19.5(14/90)
4位 渋谷ABEMAS +1.0(14/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲22.9(14/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲47.3(14/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲145.6(14/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲201.6(14/90)

大和証券 Mリーグ サクラナイツvs雷電vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月26日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!