王道・滝沢和典が魅せた後の先の極意【Mリーグ2021観戦記1/28】担当記者:越野智紀

王道・滝沢和典が魅せた

後の先の極意

文・越野智紀【金曜担当ライター】2022年1月28日

【第1試合】

東家:多井隆晴渋谷ABEMAS
南家:二階堂亜樹EX風林火山
西家:近藤誠一セガサミーフェニックス
北家:滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部

今シーズンの滝沢和典は燃えています。

昨シーズン優勝したEX風林火山から自主的に離脱という麻雀バガボンド(放浪者)の通り名に違わぬ選択で周囲を驚かせると、その後のドラフトでKONAMI麻雀格闘倶楽部からの指名を受けMリーグ史上初の移籍選手として新しいスタートを切りました。

どんなチーム競技でも移籍選手の成績は注目されやすく、そのチームの優勝までに足りなかったポイントを求められがちです。

結果が悪ければ「滝沢が勝っていたら…」と敗因にされることもありますが、活躍出来れば「滝沢のおかげで…」となります。

優勝ともなれば昨シーズン優勝チームからの移籍ということもあり優勝請負人と言われそうです。

新年を首位で迎えていたKONAMI麻雀格闘倶楽部は、直近18戦ノートップで現在は7位まで転落。

滝沢にチームの危機を救う見せ場が訪れました。

東2局4巡目、親の亜樹からダブ【東】暗刻で高目三色のリーチが入ると

「これは親の亜樹が圧倒的有利に見えます。追いつけそうな人もいないですものね」

実況の一級フラグ建築士・松嶋桃が発した言葉を分岐点に滝沢の手が整っていきます。

【赤5ピン】【7ピン】と引いて無筋の【8ソウ】を押した後、【4ピン】引き。

この手は【5マン】を切るのが一番受け入れ枚数の多いイーシャンテンになりますが

滝沢の選択は【4ピン】ツモ切り。

亜樹のリーチは【2ソウ】がトイツ落としでチートイツの可能性がかなり低く、【2ソウ】トイツ落とし前に【4ソウ】が場に1枚見えているので【2ソウ】【2ソウ】【4ソウ】【4ソウ】から【2ソウ】を切っていったような【4ソウ】のシャンポン残りのケースもほぼありません。【3マン】【7ピン】と使いやすい牌もリーチ前に切られているので愚形率は低そうです。

良形なら【5マン】【8マン】【6マン】【9マン】【3ソウ】【6ソウ】【9ソウ】【4ソウ】【7ソウ】辺りが危険で、【5マン】は手の変化次第では使える牌なので残すと

狙いの一つだった【2マン】引きで現物の【1マン】を切りながらタンヤオに変化。

これで鳴いても役有りテンパイが取れる形となりました。

【4ソウ】【7ソウ】からは鳴くつもりでした」

と、終わった後にインタビューで応えていた滝沢は上家近藤から【5ピン】【8ピン】が続けて打たれるも鳴かず。

涼しい顔をしています。

この時、【4ソウ】【7ソウ】は山に2枚残り。

良形想定の亜樹のリーチに山に少なそうな【4ソウ】【7ソウ】待ちでは分が悪いと判断していました。

前回の試合で鳴くべき牌を鳴かなかったことを反省するも「そのミスを引きずらないように焦らずに打つ」と負の連鎖を生まないように気をつけていた滝沢。

亜樹のロン牌【6ソウ】を吸収して【5ソウ】切り。

攻守のバランスを取りながら手を進め、納得のイーシャンテンに辿り着くと

【2マン】をポンしてのテンパイ。

亜樹の手と山に残っている有効牌の枚数を推測し、完璧な手順で満貫のアガリとなりました。

相手の動きに合わせて討ち取る滝沢得意の『後の先』の麻雀で一本取ると、さらに南1局

亜樹のカン【8ピン】【7ソウ】チーを受け

トップ目の滝沢はダマテンを選択。

亜樹へのロン牌だけは打たないつもりでいました。

亜樹の手が役牌暗刻なら本命と思われる【7マン】を掴むも平然と切る滝沢。
亜樹の手役は三色・一通だと手順が不自然で、滝沢の目から亜樹に残っていた役牌は【白】のみ。

唯一警戒が必要な【白】暗刻【東】トイツの場合は【6ソウ】【7ピン】の切り順が逆になっていると読め、滝沢には亜樹の手が【白】【東】のシャンポンと見えていました。

亜樹がアガれないほうの【東】を引いてフリテンになるや

【白】で放銃する心配が無くなった滝沢は満を持してのツモ切りリーチ。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!