園田賢、攻守に巧みな技を見せ、赤坂ドリブンズ6勝目!!

園田賢、
攻守に巧みな技を見せ、
赤坂ドリブンズ6勝目!!

3月10日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その4日目3回戦は、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)がトップを獲得。
オーラスを自力でアガリきり、ファイナル初トップを決めた。

対局者は、
EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)、
KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟)、
渋谷abemas・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)、
そして鈴木。

並びは、高宮・園田・白鳥・滝沢。

東1局、東2局と園田が5200・7800とツモアガってリードする。

しかし東2局1本場、高宮が終盤でリーチをかけて一発ツモ。
ピンフ・ドラ1・赤1のハネマンを園田に親かぶりさせて反撃に出る。

南2局、園田の親を落とそうと、高宮が2副露してテンパイ。
しかし園田が終盤にリーチ。
高宮がこれに捕まり、7700を献上。トップを園田に明け渡す。

しかし高宮も黙ってはいない。南3局3本場。
高宮と白鳥のリーチ合戦。
高宮が白鳥から3900を討ち取って、ふたたび高宮がトップに立ちオーラスへ。

オーラス、赤2枚の手に恵まれた園田。
2000点をアガれば逆転と、を先打ち。
高宮との仕掛け合戦を制して、園田が500・1000のツモアガリ。
園田、ファイナル初トップ、赤坂ドリブンズはなんと6勝目をあげた。

園田は勝利者インタビューで、
「(鈴木)たろうさんが調子良すぎて、自分がトップを取る機会がないんじゃないかと思っていたので、ほっとしました。」
とチームの好調を伺わせた。

【Result】
1着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)  3万4800点/+54.8
2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟)3万1100点/+11.1
3着 EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟) 2万4100点/▲15.9
4着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟) 1万点/▲50.0

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +290.0(12/24)
2位 EX風林火山 +205.8(12/24)
3位 KONAMI 麻雀格闘倶楽部 ▲54.7(12/24)
4位 渋谷ABEMAS ▲192.6(12/24)

10月1日に開幕したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」
レギュラーシーズンを終え、上位4チームがファイナルシリーズへと進むことになった。
赤坂ドリブンズ,EX風林火山,KONAMI麻雀格闘倶楽部,渋谷ABEMAS
の4チームで初代王者の座をかけて戦う。

ファイナルシリーズは全24戦で決着。1日3戦を戦う。
Mリーグ初代王者になるチームはどこだ!?

(C)AbemaTV

Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ4日目