渋谷ABEMASの悲劇…背水の松本吉弘に立ちはだかる3枚の壁【熱論!Mリーグ/FS第11節】

熱論!Mリーグ【FS第11節】

渋谷ABEMASの悲劇…

背水の松本吉弘に

立ちはだかる3枚の壁

文・masasio【FS第11節担当ライター】2019年3月10日

 

春の嵐―

3月から5月にかけては、「春の嵐」と呼ばれる台風並みの暴風や猛吹雪になることがある。

これは日本付近に北から入り込んでくる冷たい空気と南から流れ込む暖かい空気がぶつかりあって上昇気流が生まれることで、温帯低気圧が急速に発達するために起こるそうだ。

この日、私の住む愛知県でもまさに春の嵐が吹き荒れていたのだが―

 

 

 卓上でも嵐が吹き荒れていた。

放銃したのはアベマズ多井。

この多井の無念を晴らすのは・・・

悲痛な面持ちで入場。

若武者、松本吉弘

 

ファイナルシリーズ4日目第2試合

東3局に佐々木寿人、勝又健志とのめくり合いを制し、少しリードした松本。

ここから打

が暗刻になったらカンでリーチに行きますよ」

という打牌だ。

これはMリーガーの中では珍しく、を切る選手が多そうだ。

ソーズの連続形を活かし、裏目のを引いてもソーズとマンズのくっつきのイーシャンテンに受けられる。

を安全牌候補にできるバランスの取れた一打だと思うが、松本はめいっぱいに構える。

続いて

1枚切れのを残さずここでも受け入れマックスに取る。

これはかなり自然な1打だが、Mリーガーのマジョリティは切りのような気がする。

が2枚切られており、の暗刻に普段より期待できるのもあっただろうか。

安全牌を持たないのは怖いが、この選択が吉と出る 

を暗刻にして3メンチャンでリーチ。

この手をアガってリードを広げたいところだが、この男が立ちはだかる。

松本のリーチを受けてイーシャンテンの寿人。

イーシャンテンながらここは無筋のを押した。

もちろん一番受け入れが広いを切るのが普通だが、はリーチの中筋。

を残すことでテンパイできる牌、例えばを引いたときに出るはリーチの無筋だ。

となると、が出ないように中筋のを先に切っておくのも充分あるところだが、寿人はアガれそうな手からはまっすぐだ。

この辺りはこの局の松本に通じるものがある。

そして残したを活かしてテンパイ。

巡目も少ないが迷わずリーチ!!

 

 

河底+高めのドラで8000点。

松本7巡目の3メンチャンが放銃になってしまった。

続く南1局

前局は不運だった松本だが、これくらいでは崩れない。

機敏な仕掛けを見せる。

上家の勝又が切ったをチー。

少し遠いところからだが、仕掛けた。

赤なら打点もまずまず。

そして―

続けてもチー。

そう、を切ってくるということは、他のピンズ、特に以外も切ってくれる公算が高い。

さらに赤を切ってきた親の勝又はそこそこの手になっていそうなので勝又に対する牽制の意味も少しあるだろうか。

狙い通りにテンパイを入れた松本、今度こそアガれるか?

 

この松本の仕掛けもあって、親の勝又は形式テンパイを入れていた。

仕掛けが無ければまだメンゼンでアガリを狙ったかもしれない。

ここまでは狙い通り。

そして勝又に当たり牌のを掴ませる。

これは松本一本取ったかと思われたが、ここで勝又が立ちはだかった。

ここからノータイムでを切ってテンパイを崩したのだ。

松本の河からは確かにソーズは危険に見えるが通ってない牌も多い。

さらに点差が少ない展開なのでテンパイ料の価値が非常に高い。

しかしそれでも勝又は危険牌を切らなかった。

しかも結局を引いてテンパイを取り切ってしまった。

松本またしてもアガれず。

珍しい全員ノーテンをはさんで南3局

寿人、勝又ときて、この男が立ちはだからないわけがない。

絶好のを引いたたろう。

ここはを暗槓。

これは自然だ。

赤もドラもないこの手、カンしての打点アップは必須だろう。

 

新ドラも狙い通り(⁉︎)2枚乗って一気に勝負手に。

をツモってきて何を切る?

一番自然なのはもちろんだ。

を切っておけばドラのツモでもテンパイすることができる。

ひねればか。をカンしているので安全度の高いを保持しつつ、ドラドラで打点も確保できる。

しかしたろうの選択は打

打点は大きく下がるが、安全度の高いを残せる。

これは打と同じだが、今度はを重ねればテンパイすることができる。

がカンされているためは他家にとって使いにくい牌。

手の中にあれば切られているはずなので、まだ山にありそうだ。

そしてなにより、を切った時と受け入れ枚数は変わっていないのだ!(が1枚見えているため)

この点棒状況なら、打点は新ドラ1枚とあとは裏ドラに期待して、安全とアガリを最大に見た一打。

まさにゼウスの選択と言えるだろう。よく思いつくな・・・

狙い通り3メンチャンが残ってリーチ! 

このリーチにラス目の松本が対抗。

カンチャンのを引いて待ちでリーチ!

ん?はカンされているが・・・

リーチの時点では山になかった。 

裏ドラこそ乗らなかったが3200は3500の放銃。

ここまで内容も良かった松本だが、このリーチは少し勇み足だったかもしれない。

まずそもそものカンも含めすでに6枚見えていて最大で2枚しか残っていない。

さらに勝又の捨て牌が

・・・となっておりマンズの下はかなり持っていそうだ。

たろうの河からは持っていそうとまでは言えないが、持っていてもおかしくはない。

ましてやたろうのリーチは暗槓付きでなおかつ先にドラのまで切っている。

かなり分が悪い勝負と言えるだろう。

ラス目とはいえ2着まではマンガン出アガリで充分変わる点差。

ここまでの苦しい展開が焦りを生んだかもしれない。

痛恨の放銃になってしまった松本。

1回戦の多井の無念は晴らすことはできなかった。

アガリまであと一歩というところで、寿人、勝又、たろうという大きな大きな壁三人にアガリを阻まれてしまった。

アベマズは連続ラスで首位ドリブンズとは370ポイント以上離されてしまった。

ファイナルシリーズももう折り返し、このまま終わってしまうのだろうか?

春の嵐は、台風よりもさらに広い範囲で激しい雨を降らせるそうだ。

今この記事を書いている最中も外では嵐が吹き荒れている。

このままでは終わりそうもない、か。

 

masasio
天鳳8段、元雀荘のメンバー。ライター初挑戦のニューフェイス。Twitter→こちら 

(C)AbemaTV