滝沢和典、オーラス逆転トップ!! 卓上にサンショクの花が開花!!

滝沢和典、
オーラス逆転トップ!!
卓上にサンショクの花が開花!!

3月9日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その3日目1回戦は、EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。
滝沢はファイナル初トップでチームも首位に浮上した。

対局者は、
赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)、
KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(日本プロ麻雀連盟)、
渋谷abemas・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)、
そして滝沢。

並びは、白鳥・前原・滝沢・鈴木。

まずは東1局。
前原がを暗カンすると、槓ドラが!しかしなんと、前原は嶺上牌をツモり忘れて打牌してしまい、少牌でアガリ放棄となってしまう。
白鳥が赤牌入りのメンツを2つ仕掛け、Wアンコのマンガンをテンパイ。
そこへ鈴木がリーチ。
仕掛けとリーチに挟まれて、前原が白鳥に放銃してしまう。

次局は、滝沢の仕掛け対前原のリーチ。
結果は前原から滝沢に、マンガンの放銃。
前原は2局で21000点を失ってしまった。

さらに次局、滝沢が1300・2600ツモアガリでトップに浮上。

南2局には鈴木が5巡目リーチ。
これに2着目の白鳥が終盤に飛び込んで、3900点の放銃。
鈴木が浮上する。

南3局、鈴木が3フーロのドラ入りのチンイツをテンパイ。
真っ向勝負したのは前原だが、リーチ後に鈴木の単騎待ちと絵があってしまい、ハネマンの放銃。
とうとう前原は箱下になってしまう。

オーラスは逃げる鈴木に追う滝沢、という構図。
マンガンツモ条件の滝沢だったが、白鳥のリーチでマンガン出アガリでもOKに。
結果滝沢が、567のサンショク・ドラ1・赤1のマンガンをツモアガって、逆転トップとなった。

滝沢は勝利者インタビューで、
「初戦が4着だったので、トップを取りたいと思ってました。トップを取ると気持ち的に楽になるので、チーム全員がトップが取れて良かったです。」
と語った。

【Result】
1着 EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟) 4万6300点/+66.3
2着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会) 4万1800点/+21.8
3着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟) 2万1800点/▲18.2
4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(日本プロ麻雀連盟) ▲9900点/▲69.9

【Total】
1位 EX風林火山 +242.6(7/24)
2位 赤坂ドリブンズ +201.1(7/24)
3位 渋谷ABEMAS ▲84.4(7/24)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲110.8(7/24)

10月1日に開幕したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」
レギュラーシーズンを終え、上位4チームがファイナルシリーズへと進むことになった。
赤坂ドリブンズ,EX風林火山,KONAMI麻雀格闘倶楽部,渋谷ABEMAS
の4チームで初代王者の座をかけて戦う。

ファイナルシリーズは全24戦で決着。1日3戦を戦う。
Mリーグ初代王者になるチームはどこだ!?

(C)AbemaTV

Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ3日目

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」