絶好調のMVP か? 連覇の最強位か? 供託の強盗か? 天才の復活か? Mリーグの神様がオーラスに微笑んだのは⸺?【Mリーグ2022-23観戦記12/22】担当記者:ゆうせー

絶好調のMVPか?
連覇の最強位か?
供託の強盗か?
天才の復活か?
Mリーグの神様がオーラスに
微笑んだのは⸺?

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年12月22日

第1試合

東家:瑞原明奈(U-NEXT Pirates)
南家:堀慎吾(KADOKAWAサクラナイツ)
西家:白鳥翔(渋谷ABEMAS)
北家:瀬戸熊直樹(TEAM RAIDEN / 雷電)

瑞原のウルトラチーで、オーラスの幕が開けた。

なんと、

この手牌で、2巡目のリャンメンチーから入った瑞原。

相当、いいチーだと感じる。

立体図を見てみよう。

手牌を眺めて欲しいが、この手が門前で仕上がるはずがない。

ここで2枚目の【9ソウ】をチーして【7ソウ】【8ソウ】【9ソウ】を完成させておいて、ソウズの一通、純チャンやチャンタでのアガリを見た格好だ。役牌の重なりも残すことが出来る。

鳴けば少なからず周りへのプレッシャーもかかる。また、上家の瀬戸熊はノーリスクで攻めてくるので、上家の捨て牌も自分の進行に利用出来る可能性が高い。

難しい鳴きだったと思う。が、やはり前年度MVP、そして今年も個人成績2位というのはダテではない。


手を進めていく瑞原。

【4ピン】を引いて、打【中】

【4ピン】そのものは手役に絡まないが…

このように一通になれば、ピンズのリャンメンターツが活きてくる。

思えば、この日の瑞原は難しい選択が多かった。

中でも、東3局2本場は、

中盤にこの形となって、シンキングタイム。

悩む瑞原。

この日は、“おでこを出さないセンター分け”をリクエストしたら、このようにまぁまぁ額が出るヘアスタイルとなったようだ。

それはそうだろう。そんな髪型があるならば、私はとっくの昔にそうしている(涙)。

とはいえ、どの選手もそうだが色んな髪型が見られるのもMリーグの楽しいところだ。

さて、麻雀に話を戻して、盤面を見てみよう。

対面の白鳥がソウズ模様。

逆に言うとピンズは狙い目。よって瑞原は、

【9マン】とした。

ただ、こうするとツモ【6ソウ】【7ソウ】【8ソウ】【8ピン】で純チャンが崩れる。特に【7ソウ】【8ソウ】引きは愚形リーチドラ1となってしまって、親のホンイツにぶつけづらくなる。

【1マン】【1ピン】が残っているなら、打【9マン】としたあとで【1マン】【1ピン】を雀頭とした純チャン三色ドラ1への渡りも打てる牌姿だ。しかし、【1マン】【1ピン】は枯れてしまっている。

もともと純チャンは崩れやすくもあるので、ここは打【8ピン】として、ピンフドラ1の好形テンパイは確保、ツモ【9マン】【9ピン】【9ソウ】と来た場合は純チャンもついてくる、という選択が有力だと思うが、どうだろうか。私は打【8ピン】としそうだ。

次巡、瑞原は、

【9マン】がかぶるも、

最終的にこの形で【9ピン】ツモ。苦しい展開ながらもオーラスに着アップの望みをつないでいた。

その瑞原から、開局に満貫をアガったのは、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊