二階堂亜樹、初出場初トップ!! 芳醇なツモと攻撃的打牌で快勝!!

二階堂亜樹、

初出場初トップ!!

芳醇なツモと攻撃的

打牌で快勝!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021」の開幕6日目、第1戦は二階堂亜樹EX風林火山)が、トップを獲得。開局で親ハネマンをツモった二階堂が、攻めの姿勢を崩さずにトップを譲ることなくゴールイン。今季の初出場・初勝利を風林火山に持ち帰った。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ丸山奏子KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾U-NEXT Pirates瑞原明奈、そして二階堂亜樹の4名。

東1局、親の二階堂にいきなり大物手が入る。ピンフ・高め789サンショク・赤1の【6マン】【9マン】待ちテンパイをリーチで高め【9マン】ツモアガリ。ウラが1枚の6000オールでスタートダッシュを決める。

東3局、先制リーチの瑞原に同巡でテンパイした二階堂はドラ1のカン【2ソウ】待ちで追いかけて、ツモり勝つ。

南場の親番で、二階堂は丸山からタンヤオ・ドラ1の2900を仕留め、リードを広げる。

同1本場、北家の瑞原がドラの【北】をポン。丸山からカン【7ピン】を直撃して2番手に名乗りを上げる。

しかしラス前、二階堂はヤミテンのタンヤオ・赤2の5200を堀から討ち取り、盤石に。

オーラスは西家・丸山が堀からマンガンを直撃。3着に浮上して試合終了。

二階堂が終始アグレッシブな姿勢を見せ、今季初出場で初トップを獲得した。

二階堂はインタビューで、

「毎年、スタートはいいんですよね。ここ何ヶ月かでいちばん手が入ったんじゃないかっていうくらい、半荘1回でサンショク3回テンパることってあるんだって思ってましたね(笑)。(リストバンドは)一応その日の気分でココ(『風』)の文字は決めようっていう話になってます」

と語った。

【Result】
1着 二階堂亜樹・風林火山 5万3000点/+73.0
2着 瑞原明奈・パイレーツ 2万8700点/+8.7
3着 丸山奏子・ドリブンズ 1万3400点/▲26.6
4着 堀慎吾サクラナイツ 4900点/▲55.1

【Total】
1位 TEAM RAIDEN/雷電 +82.6(6/90)
2位 EX風林火山 33.9(5/90)
3位 セガサミーフェニックス +17.0(6/90)
4位 赤坂ドリブンズ ▲5.8(5/90)
5位 渋谷ABEMAS ▲23.2(6/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲29.7(5/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲29.8(6/90)
8位 KADOKAWAサクラナイツ ▲45.0(5/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvsPirates vs風林火山

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates vsEX風林火山

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月12日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates vsEX風林火山

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
U-NEXT Pirates
EX風林火山
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!