魚谷侑未、漲る気合で初戦のラスを自らリベンジ!! フェニックスは6位へ!!

魚谷侑未、

漲る気合で初戦のラスを

自らリベンジ!!

フェニックスは6位へ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕68日目、第2戦は魚谷侑未セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。魚谷のみ連闘となった第2試合。「消化不良だった」という1戦目のラスを、大きなトップで魚谷が見事にリカバリに成功し、フェニックスは6位に浮上した。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢EX風林火山勝又健志TEAM RAIDEN / 雷電・瀬戸熊直樹、そして魚谷の4名。

東2局、親番の魚谷が【3ピン】【6ピン】待ちのピンフ・ドラ1で先制リーチ。これにトップ目の瀬戸熊が追いかけるが、【6ピン】をつかんで返り討ちに。5800点で魚谷がトップ目に立つ。

東4局1本場に、ピンフイーペーコー・赤1をリーチでツモって8000点を加点した魚谷がリードを広げる。

南2局1本場、喰いタンヤオの1500点で連荘に成功した魚谷が、次局でミラクルプレーをみせる。

同2本場、まずは南家・瀬戸熊がピンフ【4ピン】【7ピン】待ちで先制リーチ。そこに勝又が赤1のカン【3ピン】待ちで追いかける。

17巡目、リャンシャンテンの魚谷が勝又のハイテイを消すために【6ソウ横向き】【7ソウ】【8ソウ】とチーしてイーシャンテンに。次巡に勝又から出た【5マン】を赤含みでポンしてテンパイ。ハイテイを回された瀬戸熊がツモ切った【6ピン】が、魚谷の【6ピン】【9ピン】待ちに突き刺さる。

タンヤオホウテイ・赤1の5800点プラスリーチ棒2本を得て、魚谷がさらにリードを広げる結果に。

南3局4本場には、魚谷は勝又とのホンイツトイトイ対決に勝利して8000点を直撃して、大きなトップを手にした。

魚谷はインタビューで、

「今日は最初にラスを引かなければ連闘の予定だったんですが、(1戦目)ラスを引いたんですが自分の中で感触ががあったのと気合が消化不良だったので、監督に志願して連闘させてもらったので監督が批判されない結果でよかったです」

と語った。

【Result】
1着 魚谷侑未・フェニックス 5万8800点/+78.8
2着 瀬戸熊直樹・雷電 1万6000点/▲4.0
3着 園田賢・ドリブンズ 1万5100点/▲24.9
4着 勝又健志・風林火山 1万100点/▲49.9

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +333.4(68/90)
2位 EX風林火山 +221.4(68/90)
3位 渋谷ABEMAS +170.8(68/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +125.3(68/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +103.5(68/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲12.4(68/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲74.5(68/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲887.5(68/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsフェニックスvs雷電

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
2月1日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsフェニックスvs雷電

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!