滝沢和典、今季初勝利!! 通算100戦目のメモリアルゲームをトップで飾る!!

滝沢和典、今季初勝利!!

通算100戦目の

メモリアルゲームを

トップで飾る!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕14日目、第1戦は滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。滝沢にとってMリーグ通算100試合目となる本試合。序盤から好位置につけ、2番手岡田からのマンガン直撃が決め手となって、滝沢がメモリアルゲームを勝利で飾った。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳セガサミーフェニックス東城りおTEAM雷電萩原聖人、そして滝沢の4名。

東1局は南家・岡田がリーチ・一発・ツモ・ウラ1の2000・4000、次局は南家の滝沢が、ドラ2・赤1の手を【6ソウ】ポンから仕掛けて【發】をポン。カン【3ソウ】待ちをツモって2000・4000。東場は岡田・滝沢がリードする。

南2局、北家の東城がカン【7マン】から仕掛けてタンヤオ・678サンショク・ドラ1・赤2の2000・4000をツモアガリ。三つ巴の闘いに。

南3局、トップ目の岡田は【6マン】ポンから仕掛けて、2着目の滝沢の親を落とそうとする。しかし11巡目に滝沢から赤2のリーチが入る。待ちは【4ピン】【7ピン】。テンパイを入れていた岡田は、掴んだ【7ピン】をワンプッシュするが、ウラ1の12000点に放銃。滝沢がトップ目に躍り出る。

オーラス、ラス目に甘んじていた萩原がラス親で奮起する。1本場、萩原がもらった配牌はチートイツテンパイ、【8ピン】単騎。絵が合えばあわや天和! が第1ツモは【2ピン】。萩原はツモ切ってリーチ宣言、そして4巡後に【8ピン】をツモアガリ。4000オールで2番手まで浮上する。

オーラス2本場、9巡目に東城がリーチ。ペン【7マン】待ちのサンショク・赤1、ツモれば一気に2着に浮上する。そして次巡、追いかけたのは岡田。【1ソウ】とドラで自風の【西】のシャンポン待ちの赤1の手。こちらは【西】の出アガリか【1ソウ】のツモでもトップに浮上する。

2軒リーチに挟まれた萩原は、【北】を鳴いてテンパイ。反撃に出ようとしたがテンパイ打牌が【1ソウ】。岡田のマンガンのアガリとなって、滝沢の逃げ切りトップで試合終了。

滝沢が自身のMリーグ通算100試合目をトップで飾り、また今季の初勝利を手にした。

滝沢はインタビューで、

「(今季初トップは)うれしいのと、これでチームメイトの一部の人とインターネットからキツイこと言われなくてすむなっていうのと、ですね(笑)」

と語った。

【Result】
1着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 3万5300点/+55.3
2着 岡田紗佳サクラナイツ 3万3500点/+13.5
3着 萩原聖人・雷電 1万7500点/▲22.5
4着 東城りお・フェニックス 1万3700点/▲46.3

【Total】
1位 EX風林火山 +319.1(14/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +25.5(13/90)
3位 セガサミーフェニックス +9.9(13/90)
4位 渋谷ABEMAS +1.0(14/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲22.9(14/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲35.6(13/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲95.4(13/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲201.6(14/90)

大和証券 Mリーグ サクラナイツvs雷電vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月26日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ サクラナイツvs雷電vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!