村上淳、待ちかねた今季初勝利!! ドリブンズ3連勝でついに最下位脱出!!

村上淳、

待ちかねた今季初勝利!!

ドリブンズ3連勝で

ついに最下位脱出!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕22日目、第1戦は村上淳赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。東場をトップで折り返し、南場でさらにマンガンを加点した村上が、オーラスも2着目の岡田から直撃して自ら決着。待望の今季初トップでドリブンズは3連勝、6位に浮上した。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まりセガサミーフェニックス東城りお、そして村上の4名。

開局は北家・高宮のリーチに、南家の東城が【赤5マン】をポンしてトイトイ【發】のテンパイで勝負を挑んで高宮から討ち取り。マンガンをアガって、まずは東城がリード。

東2局、悪配牌をもらった北家・村上だったが、丁寧に進行して15巡目に【白】を鳴いてテンパイ一番乗り。チャンタ小三元・ドラ1の【發】単騎待ちをツモアガって3000・6000。村上がトップ目に。

次局は、高宮がドラ1・赤1をリーチ・ツモ。ウラ1のおまけをつけて2000・4000。

東4局は、好配牌を得た岡田が8巡目にフリテンリーチをツモアガリ。ピンフタンヤオ・赤1・ウラ1の3000・6000。

なんと、東場はすべてマンガンとハネマンのアガリで終える。

村上と岡田の競りで迎えた南場。南3局に村上が、【中】アンコのドラ3・赤1の8000点をを東城から仕留めて岡田を振り切ると、オーラス1本場もチートイツ・ドラ2を岡田から直撃して試合終了。

村上が4連続ハコラスという汚辱を雪ぎ、待望の今季初トップを獲得。ドリブンズは3連勝となった。

村上はインタビューで、

「インタビューは5連続なんですけど、(トップでは)ようやくですね。ほんとにほっとしてます。4回連続トビという、多分誰も破れない記録をやってしまったんですけど、その間みんな温かくて4トビでマイナス300という精神状態ではなかったと思ってます」

と涙を交えて語った。

【Result】
1着 村上淳・ドリブンズ 4万5200点/+65.2
2着 岡田紗佳サクラナイツ 2万900点/▲9.1
2着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 2万900点/▲9.1
4着 東城りお・フェニックス 1万3000点/▲47.0

【Total】
1位 EX風林火山 +398.8(22/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +146.3(21/90)
3位 U-NEXT Pirates +23.8(22/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲31.0(22/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲52.3(21/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲125.7(21/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲175.1(22/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲184.8(21/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月9日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!