園田賢、個人2連勝・同日2連勝! ドリブンズ4連勝で、快進撃が止まらない!!

園田賢、

個人2連勝・同日2連勝!

ドリブンズ4連勝で、

快進撃が止まらない!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕22日目、第2戦は園田賢赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。開局からマンガンを連発した園田が逃げ切って個人2連勝。第1試合の村上に続いての勝利でドリブンズは通算4連勝、一時期の低迷ムードを完全に払拭した。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典セガサミーフェニックス魚谷侑未、そして園田の4名。

東1局、西家・園田は1巡目から【白】ポン・【9マン】ポンと仕掛けてホンイツへむかい、他家を足止めしている間にツモアガリ。ドラ2の2000・4000で先制点をあげる。

次局も8巡目に先制のカン【5ピン】待ちでリーチをかけて、ツモアガリ。ドラ1・赤1の2000・4000。

好調のドリブンズ・園田が開局から連続マンガンを決めてスタートダッシュに成功。

東3局は西家・堀の赤3リーチに魚谷が放銃して8000点。園田・堀・滝沢の並びに。

南2局、ラス目で西家の魚谷が13巡目にドラ3・赤2のテンパイ、ペン【7ピン】待ちリーチを敢行。しかし2フーロの園田と、親の滝沢もすでにテンパイを入れている。【7ピン】は牌山に1枚のみ。園田が滝沢のアタリ牌を掴んで止めた直後、魚谷がラス【7ピン】をツモアガリ。3000・6000で一気に2番手に浮上する。

ラス前では、3着目に落とされた堀が滝沢からリーチ・一発・ドラ1・赤1のカン【6ピン】待ちを仕留めて2番手に復活。

オーラス、ラス親の魚谷がドラをポンして奮闘するが、園田のピンフのヤミテンに捕まって試合終了。園田が個人2連勝、ドリブンズは4連勝で快進撃が止まらない。

園田はインタビューで、

「(個人2連勝・チーム4連勝について)村上さんみたいに泣ければいいんですけど、普通にうれしいです(笑)。一時期の低迷が嘘のように感じます、なんかめちゃくちゃ調子いいですね。ご心配おかけしてすいませんでした」

と語った。

【Result】
1着 園田賢・ドリブンズ 4万3000点/+63.0
2着 堀慎吾サクラナイツ 2万8000点/+8.0
3着 魚谷侑未・フェニックス 2万000点/▲20.0
4着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 9000点/▲51.0

【Total】
1位 EX風林火山 +398.8(22/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +95.3(22/90)
3位 U-NEXT Pirates +23.8(22/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲31.0(22/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲44.3(22/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲62.7(22/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲175.1(22/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲204.8(22/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月9日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!