近代麻雀プレミアリーグ後期第8節B卓レポート

2015年8月から最強戦CHで配信されている「近代麻雀プレミアリーグ後期」の各節レポート

後期より月1回で2節を一気に生放送するシステムに変更した近代麻雀プレミアリーグ。今回の出場選手は前期から連続出場となる小林剛・鈴木達也・藤田晋・佐々木寿人、さらに後期より出場の村上淳滝沢和典鈴木たろう和久津晶の8名となった。

第8節(予選最終節)B卓は、起家よりたろう・寿人・小林・達也の並びとなる。
6e2b49dfde65aec7f6ab7a05ed598bef67ca3601

決勝進出の条件としては、小林はまず安泰、寿人は持ち点3400点以上、達也は2着以内か24100点以上の3着、たろうは55700点以上のトップ(最低条件)である。

まず飛び出したのは一番条件の厳しいたろうだった。
241e685ca61a3a10e7a51384edb1f388a08d5ce6

7巡目にピンズのメンホンpai_s_2p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_8p.jpg待ちのテンパイを入れ、即リーチ。これをツモって4000オールのアガリで先制した。

aaeed005cf5aa6306028239729883cc8cdc2f7f5

(このつづきは麻雀最強戦チャンネルでお読みください。)

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です