【麻雀最強戦2021 ファイナル】D卓勝ち上がりは、岡崎涼太プロ・井出洋介プロ!!

【麻雀最強戦2021 ファイナル】

D卓勝ち上がりは

岡崎涼太プロ!!

井出洋介プロ!!

12月11日(土)13時より、「麻雀最強戦2021 ファイナル1st Stage」が行われた(司会:小山剛志/アシスタント:中田花奈/実況:日吉辰哉/解説:近藤誠一・金太賢)。

その模様はABEMA麻雀chにて生配信され、D卓から岡崎涼太プロと井出洋介プロが勝ち上がった。

東場で徳井からマンガンを仕留め、親番で一発ツモの4000オールを決めた岡崎と、ラス親で多井との2着争いに競り勝った井出が決勝への進出を決めた。

▲D卓1位 岡崎涼太プロ

▲D卓2位 井出洋介プロ

<Abema>
日本で一番麻雀が強い奴は、誰だ?!3000人を超える一般参加者、国内主要プロ団体選手、豪華芸能人など、他では観られない面々が激突する
プロ雀士、著名人、アマチュア、全国の雀士が参加し麻雀日本一を決定する大会、麻雀最強戦。日本で一番麻雀が強い奴は、誰だ!
今回はファイナル。今までの予選を勝ち上がった15名の雀士に現最強位の多井隆晴が加わり今年のナンバーワン雀士が決まる。16名が4卓に分かれまずは各卓上位2人勝ち上がり予選を行い勝者が翌日の2ndStageに進む。注目ポイントは以下。
A卓は全員プロ雀士。中でも瀬戸熊直樹仲林圭vs宮内こずえ仲田加南という男女二人の組み合わせ。リーガーで打倒多井をかかげる瀬戸熊に注目が集まる。
B卓はプロ3名に一昨年の覇者鈴木大介がぶつかる。鈴木の高打点の攻めを醍醐大猿川真寿一瀬由梨がどう受け止めるか。
C卓は全国のアマチュア雀士の頂点になったパタ☆ロッソがプロ3名に挑戦。メンゼンで清老頭を決めた原佑典は役満をまた決めるのか?川原舞子荒正義もタイトルホルダーとしてノリノリだ。
D卓はついに現最強位多井隆晴が登場。対する、徳井健太、井出洋介岡崎涼太3名は全員自ら望んで多井との同卓を選んだ。果たしてそれは吉と出るか凶と出るか?

【A卓】仲林圭宮内こずえ仲田加南瀬戸熊直樹
【B卓】一瀬由梨・鈴木大介・醍醐大猿川真寿
【C卓】パタ☆ロッソ・原佑典川原舞子荒正義
【D卓】多井隆晴・徳井健太・岡崎涼太井出洋介

麻雀最強戦2021 ファイナル 1st Stage ご視聴はコチラ
↑こんな面白い対局は見た方がいいですよ!!

(※文中敬称略)

麻雀最強戦公式サイトはコチラ。⇒ https://www.mahjong-saikyosen.com/

近代麻雀戦術シリーズ既刊情報

麻雀 理論と直感力の使い方
著:近藤誠一

↓↓Amazonで購入する

近代麻雀戦術シリーズ既刊情報

初心者からぐんぐん
強くなる麻雀何切る
著:多井隆晴/郡道美玲

↓↓Amazonで購入する

近代麻雀戦術シリーズ既刊情報

仕事が麻雀で麻雀が仕事
著:藤田晋

↓↓Amazonで購入する
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \「麻雀最強戦2022」DVD新刊予約受付中!/