宮内悠介が描いた最強への道筋…麻雀プロ3人を圧した豪快な麻雀 麻雀最強戦2020「ファイナル1st」観戦記【D卓】

宮内悠介が描いた

最強への道筋…

麻雀プロ3人を圧した

豪快な麻雀

【D卓】担当記者:危険な鬼太郎 2020年12月12日(土)

この卓組を見たとき明らかにD卓だけは「持っている」レベルが違うなと思った。

それもそのはず。オーラスに役満をアガって華々しくこの決勝に上がった選手が二人もいるのだから。

まずは記念すべき2020年最強戦の予選のオーラスで四暗刻をツモった。

順子マスター

新津潔

最高位戦日本プロ麻雀協会会長

あの劇的な四暗刻をツモったのは9カ月ほど前なのに、あの7pをツモった時の新津の事を私はまだ覚えている。それほど凄いアガリだった。

続いて、同じくオーラスに役満をアガって決勝進出を決めたのは、

文学界のマージャニスト

宮内悠介

宮内が勝ち上がりを決めた「著名人超頭脳決戦」は2カ月ほど前に行われたので、役満の国士無双のアガリどころか、宮内がもの凄く内容の良い麻雀を打って勝ち上がりを決めたのも覚えている。

アマチュア雀士で言えば堀江が勝ち上がりを決めているので、これに続きたい。

そしてこの二人とは違って薄氷の勝利を決めて決勝に勝ち進んだ

大陸間弾道ミサイル打法

前田直哉

日本プロ麻雀連盟所属

予選の鉄壁のディフェンスマスター決戦では、オーラスまでもつれたものの持ち前の粘り強さによって勝利を手繰り寄せた。

その攻めるための「守備」で今回も勝ち上れるか。

そして唯一の女流雀士となった

配牌シンデレラ

井上絵美子

日本プロ麻雀連盟所属

最強戦の決勝に4人女流雀士は残っていたものの全員が敗退。残る女流はこの井上だけとなってしまった。

全日本プロ選手権では数多の麻雀プロを打ち倒し、女流プロ初優勝を飾ってこの決勝に勝ち進んだ。勢いそのままに、久しぶりの女流最強位を獲得したい所。

【D卓】

東1局 親・井上 ドラ

宮内が腰を据えた麻雀を打つ。

をポンしての待ちののみの千点のポンテンを取らず、を引き入れる。愚形が残っているからついついのポンテンを取ってしまう打ち手もいるだろうが、宮内はとても落ち着いている。

この浅い巡目でこの手がたった千点では勿体無さすぎる。ここはメンゼンで仕上げて勝負手にしたい。

狙い通り、

を引き入れて待ちの先制リーチを入れる事に成功する宮内。しかし…こんなに浅い巡目なのにこのが山に1枚しか残っていない。

アガリは絶望的か…?

しかし宮内なんとこれを一発ツモ!しかもウラウラ!

リーチ一発ツモウラウラの跳満!3000-6000のアガリ。人によっては千点で終わらせた可能性がある手を宮内は跳満にまで仕上げた。

2着勝ち上がりの中でこの跳満ツモは相当有利に進められる。これは宮内の勝ち上がりが早くも決まったのかな?と思ったが…。

東2局は新津がピンフのみでリーチを掛けて、

これをなんと一発ツモ!リーチ一発ツモピンフウラの満貫!2000-4000!

さらに東3局では親の前田がリーチを掛けると

リーチツモピンフドラ1の2600オール!

しかも東3局1本場では

井上がリーチツモタンヤオピンフ一盃口の満貫のツモアガリ!

宮内はまだ微差のトップ目ではあるものの、もはや無いような物。こんなに全員が高い手をツモる展開も珍しい。流石は厳しい最強戦の予選を勝ち上がってきた猛者達だ。

東4局 親・新津 ドラ

新津が順子マスターらしい手作りを魅せてくれる。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!