悲願の最強位へ…多井隆晴、宣言通り二階堂亜樹へのリベンジ完遂 麻雀最強戦2020「ファイナル1st」観戦記【C卓】

悲願の最強位へ…多井隆晴、

宣言通り二階堂亜樹への

リベンジ完遂

【C卓】担当記者:渡邊浩史郎 2020年12月12日(土)

ファイナル1st Srage C卓は注目のメンツが集まった。

東家に「最速最強」多井隆晴!最強「M」トーナメントで二階堂亜樹に敗れるも、ザ・リベンジで多くの強豪を打ち倒して復活。ファイナル1st Stageでふたたび亜樹に挑み、最強位を手のうちに!

南家に「卓上の舞姫」二階堂亜樹!最強「M」トーナメントで圧倒的なリードを誇った多井を逆転した亜樹。再び這い上がってきた多井との因縁の対決が火花を散らす!

西家に「実戦5万半荘の感覚派」三浦智博!次世代プロ集結 麻雀代理戦争を荒正義プロの推薦で優勝した三浦。これから同卓する猛者たちを倒して優勝すれば名実ともに若手トッププロの仲間入りだ!

北家に「剛腕サウスポー」鈴木大介!現最強位にしてプロ棋士の鈴木。その読みと押しっぷりには昨年度肝を抜かされた。棋界からの刺客が今年も麻雀最強の名をほしいままにするのか!?

集まったメンツはいずれも超注目株。ここから勝ち上がって明日のファイナル2nd Stageに進むのは誰なのか!?対局を見ていこう。

【東1局】

親番多井が微妙な配牌から怒涛の引きでメンホンのイーシャンテン。これが決まれば一気に頭一つ抜けるが……

が二枚切れとあってはこのをポンして3900の聴牌をとらざるを得ない。

他家から見ればこの仕掛け、ドラのか整ったホンイツに見えてかなり押しにくいところだが……

 

これが一半荘勝負の最強戦の妙。各者、限界まで粘り押す。

ここは多井のアガリとなったがこの半荘の攻撃的な展開が予想される一局となった。

【東1局1本場】

この局首尾よく先制リーチと相成ったのは三浦。

鈴木の追いかけリーチを受けるもあっさりとツモって先ほどの放銃を帳消し。

【東2局】

三浦の手牌がいい。ここで選択だが……

三浦は場にが三枚見えているターツを払っていった。後の縦引きなどを考えると一対子落としが手筋だが、恐らくこう受けたということはすぐが出たらポンをしていたのだろう。

そこに鈴木からの超ド級リーチが飛んでくる。リーチタンヤオピンフ一盃口ドラドラの確定ハネマン。ツモってしまえば一気に通過濃厚になる勝負リーチだ。

三浦も負けてはいない。役牌のを暗刻にして追っかけリーチ。アガったほうが一気に有利になる、勝負手同士のぶつかり合い。制したのは……

三浦だ!これでマンガンの大きな収入をものにする!

まさに一息といったこの表情、しかしこれで終わるのが最強戦ではない。本人も重々承知のはずだ。

【東3局】は多井のドラ3枚の仕掛けと鈴木のメンホンリーチがぶつかるも、流局。

多井も鈴木も、そして亜樹も今一つ高打点の手が成就しない、焦れた展開で局が進んでいく。

【東4局】

ここでもまず見せ場があったのが三浦。

7巡目で国士無双イーシャンテン!決まれば文句なしで1位通過だ!

これに敏感に反応したのが親の鈴木。

の形からをポン。は3枚しか見えていないが、この巡目でノーメンツドラドラ、上家が国士ならある程度タンヤオ牌が鳴けると踏んでの仕掛けだろう。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!