肉厚で激打!吉田、ダンプ、中嶋、宮崎、それぞれの引き出しが光る紙一重の攻防 麻雀最強戦2020「プロ雀士ランキングベスト16大会」観戦記【A卓】

肉厚で激打!吉田、ダンプ、

中嶋、宮崎、それぞれの

引き出しが光る紙一重の攻防

麻雀最強戦2020

「プロ雀士ランキング

ベスト16大会」

【A卓】担当記者:渡邊浩史郎 2020年4月5日(日)

プロ雀士ランキングベスト16大会!!

各団体の、惜しくも最高タイトルを逃した上位リーガー達が集ったこの大会。まさに影の実力者達による最強決定戦だ。

早速A卓を見ていこう。

東家は史上最年少王位、宮崎和樹!

20歳の時に、日本プロ麻雀連盟主催の一発裏無しタイトル「王位戦」を史上最年少で優勝した宮崎。日本プロ麻雀協会A1リーグ所属、実力については折り紙付きだ。

南家は激打脳震盪攻撃、吉田直!

昨年度の鳳凰位であり、最強戦2019では視聴者の度肝を抜く髪形で登場するも、ノー和了で敗れ去った。その屈辱を果たせるか。

西家は肉厚ヨロイ打法、ダンプ大橋!

連盟A2リーグに所属し、昨年度はグランプリMAXという大きなタイトルも獲得した。見た目に反した守備的な打ち筋でワンチャンスをものにする。

北家は鳴き門前、中嶋和正!

發王位を2回獲得している中嶋。その時点で強さに関してはいうまでもないだろう。

裏Mリーグとでも言えるような強豪面子が出揃った。それでは対局に移ろう。

【東1局】

最初に先制パンチを決めたのは吉田。

手変わり待ちからそのままツモ。符ハネして1300・2600は初アガリとして申し分ない打点と言っていいだろう。

【東2局】

中嶋がドラを暗刻にして先制テンパイ。シャンポンのままリーチに踏み切った。

このシャンポンを見事にツモ。2000・4000の収入で一躍トップ目に立つ。

【東3局】

前局に続いて先制テンパイを入れたのは中嶋。

平和のみだがリーチに踏み切った。今回の予選はトップ抜け。ここは更なるリードを作るため、攻めの手を緩めない。

しかしそれは他の人から見ても同じ。勝負手であればトップ目のリーチにぶつける価値が十分に高い。宮崎がビシッと無筋を切ってこのイーシャンテンに持っていく。

そんな宮崎が次巡引いてきたのは……

。ターツ部分は全て無筋。まっすぐ行くならば……

に手がかかることになってしまう。

幸いにも裏ドラは乗らず、2000点の放銃だが、勝負手を潰されたことが宮崎にとって何より痛い。

【東4局】

序盤から吉田の手が伸びる。

マンズのホンイツも普通のメンツ手も見えるイーシャンテン。

ここはピンズの両面を壊して行く。どうせ次巡以降、マンズを引けば出ていくピンズ。ならばの重なりすら逃さない。

も1枚ずつスルーしてドラのを引き入れ、盤石の一向聴に。吉田らしい打点でぶつける手組が光った。

上家から出たこのも……

当然のようにスルー。恐らくだが満貫が確定する二枚目の以外は鳴く気がないのだろう。

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!