新井啓文か谷井茂文か⁉︎極限の選択が勝敗を分けたオーラスの攻防 麻雀最強戦2020「プロ雀士ランキングベスト16大会」観戦記【C卓】

新井啓文か谷井茂文か⁉︎

極限の選択が勝敗を分けた

オーラスの攻防

麻雀最強戦2020

「プロ雀士ランキング

ベスト16大会」

【C卓】担当記者:masasio 2020年4月5日(日)

各団体のランキング上位選手が集まる「プロ雀士ランキングベスト16大会」

予選がA卓からD卓まで4卓行われ、各卓の勝者1名が決勝に進出。

決勝でトップを取った1名が最強戦2020ファイナルトーナメントへ進出となる。

C卓戦選手紹介>

東家スタート

日本プロ麻雀連盟A2リーグ所属

近藤久春

麻雀連盟最高峰のタイトル「鳳凰位」

その鳳凰位決定戦に進んだこともある実力者だ。

インタビューでも「打点を重視している」と語っていたが、トップ条件の最強戦には合っているのではないだろうか。

南家スタート

日本プロ麻雀協会A1リーグ所属

阿賀寿直

対局前のインタビューでは「手作りも見てほしいが、打ち方(所作)も見てほしい」と語っていた阿賀。

これは麻雀の内容に対する自信の表れだろう。気合の入った表情に期待が持てそうだ。

西家スタート

RMU令昭位戦Aリーグ所属

谷井茂文

最高位戦日本プロ麻雀協会からRMUに移籍し、RMUのトップ選手にのし上がった。

2019年シーズンでは惜しくも多井隆晴に敗れてしまったが、近年の活躍は目覚ましいものがある。

RMUは多井だけではないというところを見せることができるだろうか?

北家スタート

最高位戦日本プロ麻雀協会A1リーグ所属

新井啓文

本来であれば、最高位戦所属の嶋村俊幸プロが出場予定だったが、辞退されたため急遽繰り上げでの出場となった。

最高位を獲得したことのある実力者だが、ここ数年は少し調子を落としていた印象がある。

巡ってきたチャンスを活かすことができるだろうか。

少し話題は逸れるが、この日同じ最高位戦所属である、最高位坂本大志プロが新型コロナウイルスに感染したという報告があった。

麻雀というゲームは、室内の近い距離で4人がプレイするため感染のリスクもあると思われる。

今後多くの対局が中止されることが予想される。

一刻も早く事態が収束することを祈るばかりだ。

出場選手の顔ぶれを見てみると、どちらかといえば打点重視の4名がそろったという印象がある。

トップのみが価値のある闘い。

4者の激しいぶつかり合いが見られそうだ。

東2局

東1局は阿賀が谷井から1600のアガリ。

放銃した谷井の選択が面白い。イーシャンテンだがここからマンズのペンチャンを払ってリャンシャンテン戻し。良形を目指していく。

リャンメンターツができてここは打ドラがで345の三色もあるのでを引っ張るかとも思われたがリャンメン×2なら充分とみて安全牌を残した。

ドラドラの新井もチートイツイーシャンテンから仕掛ける。形は苦しいがマンガンの仕掛けだ。

 

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!