新井啓文か谷井茂文か⁉︎極限の選択が勝敗を分けたオーラスの攻防 麻雀最強戦2020「プロ雀士ランキングベスト16大会」観戦記【C卓】

一方の谷井。捨て牌3段目に入ろうかという所だが、2枚目のをスルーした。

をポンしている新井の捨て牌は中張牌も多く、テンパイしていてもおかしくはない。

ポンして軽くアガろうとするのが普通かもしれないが、トップしか意味のない最強戦。

安いテンパイには興味なしと言わんばかりにツモ山に手を伸ばした。

 を引いて当然のリーチ!

一発でを引き寄せ2000/4000

「ストレートアロー」

谷井の愛称だが、まさにまっすぐな弓矢が卓上を射抜くようなアガリだった。

3

まずは新井がを仕掛ける。

仕掛けを受けた近藤。を切ってテンパイだがリーチは掛けなかった。

リーチを掛けてドラをツモればハネマンになるため、喜んでリーチしてしまいそうだが、345の三色までみていったんダマテンに構えた。

そして3巡後にを手の中から入れ替えてリーチを掛けた。いくら手替わりがあるといっても、やはりこの手はリーチを掛けたい手だ。

同じ巡目に谷井がをツモ切ったのが大きいだろうか。近藤の目からが4枚見えてが使いづらくなったタイミングでリーチに踏み切った。

リーチを受けて回っていた阿賀もテンパイ。

を切って追いかけリーチ。やはりトップ条件の対局だと手がぶつかる機会が増えて面白い。

麻雀はオリることももちろん大切なのだが、見ている方からすればめくり合う展開の方が面白い。

2軒リーチに挟まれたのが新井だ。安全牌は無い。そうなると選ばれてしまうのが・・

のワンチャンスでが押し出されてしまった。近藤の注文にはまってしまった新井。手痛い8000点の放銃となってしまった。

4

先ほどマンガンの放銃になった新井。6巡目イーシャンテンがようやくテンパイ。

当然のリーチだ。

仕掛けていた阿賀。最終手番でテンパイ。フリテンでツモ番がないためアガることはできないが、テンパイ料のためにを勝負した。たしかにテンパイ料は大きいが、親に放銃になってしまうとトップはかなり厳しくなってしまう。安全牌がなかったため渋々テンパイを取ったということだろう。親リーチを受けてオリに回っていた谷井。

直前に阿賀が切ったをポンすれば新井の海底をずらすことができたのだが、黙ってツモ山に手を伸ばした。

は新井のリーチには通っていない。

阿賀はを並べて降りているように見えるが、通っていないを切る以上テンパイは明白だ。

海底を「消す」ことができるなら無く価値もあっただろうが、「ずらす」だけなら万が一にも放銃のリスクは負いたくないところだろう。

しかし無情にも結果は海底で新井のツモアガリ。

6000オールの大きなアガリで一気に息を吹き返した。

2

ラス目の阿賀が切れ味鋭い仕掛けを見せる。

ドラドラのチャンス手。

愚形ながらイーシャンテンだったところからをポン!

を切って出来メンツを崩してタンヤオに向かった。

イーシャンテンから仕掛けてリャンシャンテンに戻すというのは普段から意識していないとなかなかできないだろう。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!