Mリーガー萩原聖人の魅せた進化と意地、そして貢献と【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Tue】

Mリーガー萩原聖人の

魅せた進化と意地、

そして貢献と

文・ZERO【火曜担当ライター】2019年2月5日

 

Mリーグの本シーズンと呼べる戦いは、この夜を含め、あと5日となった。

昨年の10月にMリーグが始まり、多くの麻雀ファンの生活に変化をもたらしてきたと思う。

知らなかった選手に対しても、試合を追うごとに個性を把握し、そしてお気に入りの選手・チームができる。

そんなお気に入りのチームの動向は常にチェック。対局中はアガリや放銃の度に一喜一憂し、試合が終わっても話題になった手牌に対しては、ときに本人も交えて議論が交わされる。

もうMリーグなしの生活は考えられない…とまでハマってしまった人もいるのではないだろうか。

しかし、そんなMリーグ。泣いても笑っても、あと5日で3チームが姿を消す。

今年の10月を迎えるまで、もう試合を見ることができないのだ。

生き残りをかけた決戦の火ぶたは切られた。

さて、先週頃から試合前に表示されるようになったこのグラフ。

本日戦うチームが太線で表示されており、これまでの経過が非常にわかりやすい。

とても素晴らしいと思う。

麻雀配信というものは、ひとたび麻雀が始まってしまうと、終わるまでは1牌ツモって1牌切る…の繰り返しで、映像としてはかなり動きが小さい。

だからせめてその前後はいろいろやってみてほしい。

いや前後だけでなく、対局中にも工夫はできる。

例えば、南入の前に5分くらいのインターバルをとって、応援メッセージを流すのはどうだろう。メッセージを送るのは、身内でもいいし、ファンでもいい。

画像を流しているうちに、選手はトイレに行ったり休憩をとったりすることができる。

誰かが仕掛けたら、その人の副露率が表示されるとか、誰かがリーチしたらその人のリーチ率・そしてリーチ成功率・平均裏ドラ枚数・などが表示されるなど、ファンが喜びそうな仕掛けはいくらでも考えられそうだ。

まだ初年度であり、始まったばかりなのだから、失敗を恐れずいろいろ試してほしいと思う。

あらためてグラフをみてもらうとわかるが、風林火山とドリブンズは少し抜けていて、あとの4チームは大混戦。雷電は苦しく、もう後のない状況となっている。

そんな崖っぷちの雷電に起用されたのがこの男だった。

萩原聖人

開幕当時は、現代麻雀に対応できず困惑の中でもがきながら打っていたように見えた。

しかし萩原はもがきながらも打ち筋を修正し、今年に入ってからは大きく成績を伸ばしてきている。

そんな萩原が北家の席に座ってすぐ、こんな手牌になった。

をツモってきたところだが、ツモ切る人も多いと思う。

変化はピンズの横伸びだけに任せておいて、ダイレクトを逃さずに打つ、バランスのよい選択だ。を持っていても強い変化は少ない。

でも萩原は…

を打つだろうな、と思っていた。

カンでリーチする気がないならこの一手だ。

ツモときたときにが残っていた方がよいし、他にもツモ、ツモときたときもが残っていた方が強い。カンのダイレクトツモだけは痛いが、それを補って余りあるメリットがある。

ツモってくる順番によっては

 

 

こんな麗しいテンパイに変貌する。

3巡目なら大きく振りかぶることも大事だと私は思う。

次の巡目、すぐに

をツモってきた。なら567の三色もあるので少し悩むが、ならを残すよりを残した方が嬉しいくっつきが少し多い。萩原も打とした。

をツモって待ちのフリテンリーチ。

最安目の1300・2600となったが、意志を持って残したが活きた素晴らしいアガリだったと思う。

安定のグシャア。

——10年以上前の話

「プロなんて」

「プロの癖に」

若き日の萩原が、既存のプロに対し、かなり過激な発言をしていたのをどこぞの動画で見たことがある。尖ったナイフのように触るモノみな傷つけていたのだ。

周りを見下している部分はなかった…と言えば嘘になるだろう。何人ものプロと衝突した、なんて噂も聞いた。

しかしMリーグが始まってからの萩原…試合後のインタビューや解説、「熱闘!Mリーグ」などでの発言を見る限り、そういったナイフのような一面は一切見受けられない。

周りの選手たちをリスペクトし、必死に麻雀を勉強している。

そしてファンには最大限のサービスを与えている。

Twitterで交流したファンの画像がよく流れてくるが、この全力の笑顔を見れば、いかにファンを大切にしているかが伝わってくるのではないだろうか。自分がこの子供たちだったら一生ファンになってしまう。

手牌を崩してしまい、申し訳なさそうに謝り、そして首を捻る萩原。

30年以上も前からカメラの前で俳優として活躍している萩原が、手を震わせるほどに緊張しているのだ。Mリーグに賭ける思いの大きさが画面越しに伝わってくる。

プレッシャーがかかっているのは萩原だけではなかった。

次の局。

滝沢が切ろうとした牌を牌山の上にのっけてしまい、あわや大惨事に。

名手、多井までもが王牌を崩してしまう。

そして決定的な事故がこれだ。

朝倉までもが、と晒そうとしたところ、と倒してしまった。

この晒し間違いに対する、審判の裁定があまりよいものではなかったのでここに記しておこう。

審判「はい、とりあえずその見せた牌はそのままにしておいてもらって、一応…はい、そのままいきます」

村上「いくってのはチーするってことですか?」

審判「いや、だから、えーっと、あの、じゃあ、あの、はい、一応、あの、持っていって大丈夫ですから、はい」

村上「持っていって大丈夫?」

審判「あの、一応、間違えたってことを示すために、はい、それでやってください。すみませんお願いします」

このようにかなり歯切れの悪いものだった。

審判の方も、起きてしまったレアケースに対し、即座に対応するのはとても大変なことだと思う。

しかし、審判がビシッとした裁定をしないと、選手は戸惑うばかりだし、視聴者も不安な気持ちになってしまう。

少なくとも「とりあえず」や「一応」といった曖昧な表現は避けるべきだろう。

そもそも、解説にきている村上と会話する必要はあったのだろうか?

アナウンスすべきは選手と視聴者であり、しっかりとした裁定のできる審判を個別に雇った方が良いと感じた。

ともあれ、全員が全員プレッシャーを抱え、そして麻雀に入り込んでいるのがわかる出来事だった。

萩原の勝負所は次の局の親番。

ペンでリーチのみをテンパイした場面。

相変わらず対面の捨て牌によって見辛いが、供託が2本あり、6本場である。

リーチにいくのも一策だと思う。

大して打点の上がる手替わりがあるわけではないし、リーチのみでも2400+3800とかなりの収入になる。この点棒状況、よほどの手でないと萩原のリーチに向かってくることができないため、牽制効果も期待できる。

しかし、やはり萩原は…

テンパイにとらないだろうな…と思っていた。

まず、がトイツというのが大きいだろう。本当にアガリたいのであれば、好形変化を待ちつつ、が出た時に備えるのもよい。

そしてもう1つの要素として微妙な巡目が挙げられる。いくら親リーチとは言え、これだけ供託があれば手牌次第では向かってこられる。そういう意味で牽制効果が期待できる巡目とは言えず、特に上家の多井はを切っていて今にもリーチがかかりそうだ。

難しい判断だが、萩原は細かい部分での戦術は日々変化しているけど、根っことなる部分は最後の最後まで萩原として戦い続けているんだな…と感じた。

を自力でツモってきて、リーチ。

萩原の思いが結実したかのように見えた。

しかし、同巡に多井に追っかけられ…

アガリ切られてしまった。

多井の捨て牌にあるを見て、萩原は何を思ったか。

即リーチを打っていればアガっていた…は、ただの結果論だが、今はその結果が一番欲しい半荘でもあるだろう。

オーラス、萩原は4000点残りのラス目で迎えた。

しかし、萩原は一切諦めの表情は見せず、衰えることのない気迫で配牌を並べていった。

ドラや赤こそないものの2メンツできていて、悪くない。

しかし萩原にとって不幸だったのが、朝倉と多井が僅差で競っていることだ。

多井はこの手牌でドラのを放した。

300-500でトップになれるのでドラは足かせにしかならない。当然と言えば当然の選択だ。

もう少し各選手の点差が離れていれば、ドラは簡単に打ち出されず、巡目の遅い決着になることが多い。

この多井が切ったを滝沢がポン。

滝沢の上家である萩原は、終始厳しい戦いを強いられることになる。

このポンを受けた多井の手牌。

 

私はを切ると思っていた。

受け入れ枚数こそ大幅に減るものの、チーやチーをしたときに良い受けになり、ツモなどでさらに受けが広がる変化がある。

しかし、多井は

を切った。さすがにマンズの5連形があるなら受け入れ枚数が大差であるとの判断だ。

ツモが微妙だが、その時はあらためてタンキ探しの旅に出ればいい。

続いて朝倉の手も育っていた。

 

無駄に赤3なのが笑えるが、絶好のカンをツモってきた場面。

こちらも普通にを切ると思いきや…

朝倉の選択はなんと打

を切っているので、はそれほど機能しない…という理由もあるだろうが、一番の理由はが滝沢の安全牌だということだろう。

滝沢の捨て牌

滝沢の捨て牌は比較的まだ大人しく、イーシャンテン以下である可能性が高い。

暫定トップ目である朝倉にとっては、滝沢のアガリによってトップになるケースも結構ある。

滝沢がテンパイする前にを放ち、自分がテンパイしたらアガリに向かう。

リスクを最小限に抑え、トップ率が最大限になるように構えた選択だ。

ツモときた時のペン待ちも、滝沢の現物で悪くない…という思惑もあったのかもしれない。

続いて多井。

テンパイした場面。

ここからを切ってしまったことをミスだと多井は後悔する。

ドラポンの滝沢に上家の萩原がと切っていて、ソウズの受けがあるならは一番の危険筋だ。アガるしかトップのない多井としては、滝沢がテンパイする前にを切っておいてよい待ちに変わるのを待つのがベターだろう。

好配牌だった萩原は手が進まず、この表情。

朝倉がを持ってくる。

 

滝沢にテンパイが入っているのかを考える朝倉。

今切るか後で切るか…。

さきほどを切ったときと違い、滝沢は何度か手出しを入れている。

やはり暫定トップ目ということもあり、とっておいたを切って保留の選択。

萩原もここまできたものの、あと1牌が引けない。

そうこうしているうちに

滝沢に待ちのテンパイが入る!!

しばらく全員のツモ切りが続いた。

誰がアガるか…

 

「ツモ」

を手元に引き寄せたのは…

なんと多井だった。

2時間にもおよぶ大熱戦を制し、ABEMAS残留に大きく貢献した多井。

そして大トップから寸前でかわされて沈黙する朝倉。

最後に忘れていけないのが萩原。

もちろん麻雀は最後の親が流さるまでは、何pt差をつけられても逆転は可能である。

チーム雷電も決して諦めてはいないだろう。

残り4半荘。4連勝が必要なら4連勝を目指すだけだ。

ただ、そうとう厳しい状況に追い込まれたのも事実。

それにしても——

萩原聖人は最後まで萩原聖人としてラスを引いた。

を切ってシャンテンを戻し、そしてフリテンでアガった1300・2600。

ペンのテンパイを取らず、アガリを逃した東場の親番。

判断は難しいところだが、良くも悪くも最後まで「萩原聖人らしさ」を貫き通して戦った。

人生を賭けて戦ったMリーグだが、かなり敗色濃厚となってしまった。

Xデーである、来週の火曜日。たとえファイナルに残留できなくなってしまったとしても、過去の自分をかなぐり捨て、Mリーグを盛り上げるために最大限の功績を残し、そしてチームのためにもがき続けた萩原聖人という男がいたということを、Mリーグ初年度を見届けた我々は忘れてはならない。

 

ZERO(ゼロ)

麻雀ブロガー。フリー雀荘メンバー、麻雀プロを経て、ネット麻雀天鳳の人気プレーヤーに。著書に「ゼロ秒思考の麻雀」。現在「近代麻雀」で『傀に学ぶ!麻雀強者の0秒思考』を連載中。

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

大好評発売中!!!!

 

(C)AbemaTV