日向藍子、セミファイナル3戦2勝!! 絶好調でボーダー争いからの離脱に成功!!

日向藍子、
セミファイナル3戦2勝!!
絶好調でボーダー争いから
離脱成功!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の9日目第2戦は、日向藍子渋谷ABEMAS)がトップを獲得。

南場の親番でマンガンをツモってトップに立った日向が、2着目の内川からさらにマンガンを討ち取って加点し、危なげなくトップを獲得。ABEMASがポイントを3桁に乗せて、ボーダー戦線からの離脱に成功した。

2回戦の対局者は、セガサミーフェニックス魚谷侑未KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎U-NEXT Pirates朝倉康心、そして日向。

全員2万点台で迎えた南1局、親の日向がドラ1・赤1のテンパイ。ドラそばのカン待ちでリーチをかけて終盤に4枚目のをツモアガリ。4000オールでトップに立つ。

南2局1本場には、日向が再びリーチで攻める。アンコの赤2、待ちは。このが内川のリーチ宣言牌となって、日向が8000点を加点してリードを広げる。

ラス親の朝倉が日向を射程に入れるが、3着目の内川がカン待ちをリーチ・一発・ツモ・・ドラ1・赤1のハネマンに仕上げて2着浮上。日向の逃げ切りトップとなった。

勝利者インタビューで日向は、
「3回しか打ってませんけど、とても嬉しい成績を収められてます。今日も仲間から”アイビリーブな、アイビリーブ”と言われて来ました(笑)。ボーダー争いで今まで味わったことのないプレッシャーがあったんですけど、まだまだボスも残っているのでそれを思えば怖くないぞ、という気持ちで臨みました
と語った。

【Result】
1着 日向藍子・ABEMAS 3万5400点/+55.4
2着 内川幸太郎サクラナイツ 3万200点/+10.2
3着 朝倉康心・パイレーツ 2万6800点/▲13.2
4着 魚谷侑未・フェニックス 7600点/▲52.4

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +276.2(12/16)
2位 セガサミーフェニックス +228.1(12/16)
3位 渋谷ABEMAS +107.4(12/16)
4位 U-NEXT Pirates +3.4(12/16)
5位 TEAM雷電 ▲76.6(12/16)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲173.1(12/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月27日の対戦は
セガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
KADOKAWAサクラナイツ
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ9日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!