瑞原明奈、痛恨の倍満アガリ逃し!極度の緊張感がのしかかるセミファイナルの重圧【熱論!Mリーグ】担当記者:危険な鬼太郎

熱論!Mリーグ【Fri】

瑞原明奈、痛恨の

倍満アガリ逃し!

極度の緊張感がのしかかる

セミファイナルの重圧

文・危険な鬼太郎/2020年3月27日

今日のメンツは非常に個性的なメンツでとても良いなと感じる。

第1回戦

東家 沢崎誠サクラナイツ

南家 松本吉弘渋谷ABEMAS

西家 瑞原明奈U-NEXTパイレーツ

北家 魚谷侑未セガサミーフェニックス

大ベテランの沢崎VS若手の松本、瑞原、魚谷という顔ぶれ。

沢崎が活躍したであろう昭和の時代では、麻雀打ちは誰もかれもが麻雀の「流れ」を信じて打ってきた。

ところが時代が昭和から平成に変わり、麻雀のスタイルもどんどんと変わり、「流れ」を信じる打ち手の数も少なくなってきた。少なくとも、松本と瑞原と魚谷は麻雀の流れを信じてはいないはずだ。

この令和の時代において、昭和VS平成の戦いが勃発してしまった。

東1局

南家の松本が1枚目からをポン!

ドラのカンがややネックな形だが、現状の形だけでも3900の打点がある手牌。ピンズの形も良いので、すぐにリャンメンに変わりそうな手牌だ。

松本がすぐにテンパイ。

なんとダブルドラのを引いてマンガンに変化。赤有り麻雀はすぐに手牌が高く変化しやすいので観ていて楽しい。

これをアッサリとツモって、役牌ドラ3の2000-4000のアガリ!5位のTEAM雷電も怖くなってきたアベマズ。何とかここでトップをとって決勝に残りたい。

東2局1本場供託1本

沢崎がをツモ切り。

若干狭く受ける一打を選んだ沢崎。

例えばこの手牌、を抱えて辺りを打てばの受け入れが増えて、を引けば5200のダマテンにも受けられる。

しかしそのテンパイを果たすとやや柔軟性を欠く。だからこそ沢崎はを切ってのタンヤオを目指す。

こうしておけばのポンをしても良い形は残るし、どの赤を引いてもとりあえず手牌に残せる。8000点以上の手がタンヤオにしておけば簡単に見える。

沢崎がカンをチーしてタンヤオドラドラのテンパイを入れる。まっすぐ手を組めば河にと並んでいるので、のシャンポンリーチが打てたが沢崎にとってはこれがベスト。

「まだ他家からが出る可能性もあるし、をツモればマンガン」

いざとなれば降りたり回ったりできるのが、鳴きタンヤオの利点だ。

柔軟に手牌をまとめ、をツモってのタンヤオドラドラの1000-2000のアガリ!

マムシのねちっこいアガリが場を支配する。

しかしそんなマムシにも東3局には難しい選択が訪れる。

東3局

まずは魚谷が先制リーチ!

のシャンポンリーチ。特には自分の河にを捨てていて筋で、序盤にを切っていてとても盲点な待ちだ。

特にを早めに切っているので、

からを切っている形は想像しにくく、降り打ちも狙える待ちだったがこれがなかなか出てこない。

そうこうしているうちに、沢崎の手牌が伸びる。

切れずに苦しんだの槓子を上手くまとめてのイーシャンテン。

カンも有るか?と思ったが、

ここはとりあえず現物のを打ってのイーシャンテン維持。

まずカンすることのメリットは

①リンシャン牌からを引けば現物のを切ってのタンヤオのテンパイが取れる。リーチ者魚谷のハイテイを消せる

事だ。逆にデメリットとしては

②リーチ者に対して、カンドラと裏ドラのドラ二つをプレゼントすることになる。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!