HERO IS COMING. チーム雷電の真っ直ぐな英雄 本田朋広は止まらない!【Mリーグ2022-23観戦記1/5】担当記者:ゆうせー

HERO IS COMING.
チーム雷電の真っ直ぐな英雄
本田朋広は止まらない!

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2023年1月5日

第1試合

東家:二階堂瑠美(EX風林火山)
南家:茅森早香(セガサミーフェニックス)
西家:本田朋広(TEAM RAIDEN / 雷電)
北家:多井隆晴(渋谷ABEMAS)

「次リーチしようかなと思って…」

そう語ったのは茅森だった。

南2局1本場。テンパイした手牌は、

この形だった。

この日の茅森は、冴えに冴えていた。

東2局の親番では、

12000のポンテンから、

【3ソウ】【6ソウ】待ちをチョイス。

意図は、

マンズ変化への対応、【8ソウ】が固まっていることへの危惧、そして仕掛けている多井の現物の…

【3ソウ】に狙いを絞ること!

「ロン」

獲物を逃さない女豹、茅森早香

親番でリードを築き上げる。

また、南1局では、

トイトイのテンパイから、

持ってきた【3ソウ】を、

止めてテンパイを崩した!

このとき、

本田は【3ソウ】【6ソウ】待ちの満貫で待ち構えていた。

自身のテンパイに溺れず、放銃を防いだ茅森。

それだけでなく、

このあとにはテンパイまで取りきった。中央に寄せられた牌がどこか誇らしく見える。

そして、冒頭の南2局へと続いていくわけだが、

このときは、

マンズ横伸びによるピンフ変化を見つつ、マンズがいいかどうかを探るために、1巡様子見のダマを選択した茅森。

このあと、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 近代麻雀戦術シリーズ新刊!