アガるのは1000点だけではない!麻雀サイボーグ小林剛のマルチオフェンスプログラム【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー




熱論!Mリーグ【Mon】

アガるのは

1000点だけではない!

麻雀サイボーグ小林剛の

マルチオフェンスプログラム

文・ゆうせー【月曜担当ライター】2019年10月21日

12戦が経過。U-NEXT Pirateにとって苦しい戦いが続いている。

昨年度のポイントゲッター朝倉がまさかの開幕2戦2ラス。鮮烈な連勝デビューを飾った瑞原も、その後4着を2回引いて個人スコアはほぼプラスマイナスゼロに。石橋は苦しい展開を踏ん張っているものの、未だトップ無し。

このままずるずるとマイナスし続けるわけにはいかない。今日の先発は、Pirates号の船長に託された。

「麻雀サイボーグ」小林剛

テーマ1 

小林のオフェンスプログラム

「ポン、チー、ロン、1000点!」

これは、小林が仕掛けて1000点をよくアガることから言われるようになった、小林の雀風を表す言葉だ。

ただ、ここで重要なのは、「1000点であろうがアガれるものはきちんとアガる」というのが小林のスタイルであって、「何でもかんでも1000点にする」というスタイルでは決してないということだ。

小林は、安い手も高い手も、また早い手も遅い手も、なんでもござれの多彩な手組をする選手である。この日の東場は、小林の様々な攻め手順を見ることが出来た。

東1局1本場

まずは村上が東1局に松本から18000をアガって先制。迎えた1本場、小林の手牌、

この手格好から小林は、

松本から出たをポン。

として食いタンに向かった。

ドラ

鳴く前の手を門前で進める場合を考えるとメンツ手でいく場合はドラ表示牌のカンと、が1枚ずつ切れたピンズ愚形という、二重のネックを抱えることになってしまい、アガリへの道は険しそうだ。

また、チートイツも見ることが出来るが、メンツ手と両天秤にかけながら進めることになるので、

というチートイツでは使いにくい牌を持つことになってこれもやや厳しい。

鳴いても鳴かなくてもリャンシャンテンだが、ドラを2枚以上使った食いタンならば仕掛けも効くため、を見送るよりアガリが見込めるという判断だろう。

その後、村上の親リーチを受けるも…

ドラが3枚になった!

ここは小林を勝負して、

村上の現物を含む待ちを選択。

これをツモ!2100-4100のアガリとなった。

東2局

8巡目の小林、

この手牌に。何を切る…

少考の後に小林が切ったのは、

だった。早い巡目にを切っている人が

2人いるのでペンはやや良さそうに見える。

また、は自分の目から3枚見えでは使いにくい。

巡目も浅くはないので、くっつきはドラに絞ってイーシャンテンはキープ。を払ってリャンシャンテンに戻すことはしない、小林らしいリアリティを感じる一打だ。

次巡、

にくっついて、勝負出来る手に。

しかし、

先行したのは親の黒沢だった。これぞ

ダイナマイトメンホンセレブリーチだ。

この記事のタイトルとURLをコピーする