鈴木たろう、今期1勝目!! お待たせしすぎたのかもしれません!! 今年もナンバーワンになります宣言!!




鈴木たろう、今期1勝目!!
お待たせしすぎたのかもしれません!!
今年もナンバーワンになります!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の13日目第2戦は鈴木たろう(赤坂ドリブンズ)がトップを獲得。鈴木は5戦目にして今期初勝利、チーム2勝目を上げた。

2回戦の対局者は、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)、渋谷ABEMAS・白鳥翔(日本プロ麻雀協会)、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)、そして鈴木

東2局2本場、白鳥が仕掛けてピンズのホンイツ模様。そしてドラのをツモって・ホンイツ・赤1の2000・4000。まずは白鳥がリードを奪う。

東3局、をポンから加カンして親の鈴木がマンズのホンイツを目指す。新ドラ1枚を乗せて終盤にツモアガリ。4000オールでトップ目に立つ。

オーラス1本場を迎えて、1000点差で2着につけている鈴木。ラスまでもマンツモ圏内という僅差。
白鳥が危険牌の先打ち、とばかりに切ったに鈴木から「ロン」の声。タンヤオピンフ・ドラ1の3900で鈴木が逆転トップ。

鈴木が5戦目にして初トップ、チーム2勝目を勝ち取った。

勝利者インタビューで鈴木は「ホッとしました。こんなに(トップを取って)マツカヨさんに会いたいと思ったことはなかったですね。前回ぐらいからヤバいかも? って思ってたのでこのトップでチームに勢いがついたらいいなと思ってます。今年もナンバーワンになります!と無邪気に語った。

【Result】

1着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう 3万4100点/+54.1
2着 渋谷ABEMAS・白鳥翔 2万5700点/+5.7
3着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹 2万100点/▲29.9
3着 U-NEXT Pirates・朝倉康心 2万100点/▲29.9

【Total】

1位 EX風林火山 +147.4(12/90)
2位 渋谷ABEMAS +130.8(14/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +70.0(12/90)
4位 セガサミーフェニックス ▲2.2(12/90)
5位 TEAM雷電 ▲15.7(14/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲79.9 (12/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲91.0(14/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲159.4(14/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月21日の対戦は
U-NEXT Piratesvs TEAM RAIDEN / 雷電vs赤坂ドリブンズvs渋谷ABEMAS

キャスト

U-NEXT Pirates
TEAM RAIDEN / 雷電
赤坂ドリブンズ
渋谷ABEMAS
実況:小林未沙
解説:滝沢和典
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ2019 Pirates vs雷電vsドリブンズvsABEMAS

この記事のタイトルとURLをコピーする