Mリーグ2022-23 開幕前囲み取材 KONAMI麻雀格闘倶楽部 「戦力的に優勝は可能、今シーズンも攻撃的なところを出していく」

Mリーグ2022-23 開幕前囲み取材 KONAMI麻雀格闘倶楽部
「戦力的に優勝は可能、今シーズンも攻撃的なところを出していく」

©Mリーグ

(左から)
佐々木寿人 高宮まり 伊達朱里紗 滝沢和典

昨シーズンはファイナルまで駒を進めたものの4位に終わったKONAMI麻雀格闘倶楽部。今シーズンは初の上位入賞、そして優勝を目指すシーズンとなる。特に、昨シーズンを消化不良のまま終えてしまった佐々木寿人は、強い意欲を燃やしている。

寿人 開幕が待ち遠しかったので、ワクワクしますね。毎年、負けて新シーズンを迎えていますので、気持ちも非常に引き締まっています。今回は初戦に出ますので、しっかり頑張りたいと思います。初戦の出場は、ファンミーティングの得票数1位ということで決まりました。ただの1戦じゃないと思っています。

今シーズンも、我々の特徴である攻撃的なところを出していきたいと思います。目標は優勝です。戦力的にも可能な戦力だと思いますし、カギはポストシーズンですね。レギュラーシーズンは毎年ある程度打てていると思うので、まずはそこをしっかり突破して、ポストシーズン以降をしっかり考えていきたいと思います。

高宮 (オフシーズンの準備は)かなりよくできたと思います。充実してできたので、それを試合で出せるのかというワクワク感と、不安ではないですけど、緊張感があります。他の試合やFocusMという連盟でやっているMリーグルールの対局ではできていると思いますけど、気持ちの問題もありますので、気持ちはしっかり持っていきたいと思います。

伊達 去年ほど結果としていいものが出せるかはまだ分かりませんが、自分の中で去年1年を通して弱点やできないところを感じたので、そういった部分を修正していきたいと思っています。去年は緊張し過ぎて倒れそうなぐらいだったんですけど、今年はリラックスした気持ちで開幕を迎えていて、思い切り自分の力が出せるといいなという感じですね。

滝沢 去年はかなり紙一重の戦いだったと思いますけど、結果がいいほうに転がってくれたので、同じようなスタイルでいこうと思います。戦い方としては、大きくは変わっていないと思います。

寿人は昨年掲げるも不発に終わった「卓上を焼き尽くす」というテーマに再チャレンジするとのこと。また、高宮はここ2年くらいで麻雀に対する発想法を変えているとのことで「一打一打を振り返る練習が時間を使ってできたので、それが自分自身に良い影響を与えていると思う」と、新シーズンへの手応えを語っていた。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!