小林剛、 お待たせしました1勝目! 最高スコア更新の大トップ!!




小林剛、
お待たせしました1勝目!
最高スコア更新の大トップ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の13日目第1戦は小林剛(麻将連合)がトップを獲得。開局の親ハネマンをアガった村上を、自身の親番で追い上げ逆転し、6万点オーバーの大トップをもぎ取った。

1回戦の対局者は、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)、TEAM雷電・黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)、そして小林

東1局、ドラは。起家の村上がそののシャンポン待ちでリーチ。すると松本が一発目にを切って放銃。ウラが1枚乗って18000! いきなり親のハネマンでの開局となった。

同1本場は小林が4トイツからのタンヤオ仕掛け。親の村上のリーチを受けるが、ドラを3枚にしてのツモアガリ。小林が2番手に名乗りを上げる。

続く東2局、親の黒沢がダブのシャンポン待ちのメンホンリーチ! そして受けて立つ小林は待ちのピンフドラ2で追いかける。さらには松本が高めサンショクタンヤオピンフ・赤2のリーチ!

三つ巴戦は黒沢がを掴んで小林に放銃。ウラ1の8000点で小林がトップ目に立つ。

東3局では、小林はさらにトイトイの7700を黒沢から仕留め、トップ目を固めに走る。

南2局、2番手の村上がツモリ四暗刻のリーチをかけるも流局。

南3局1本場、小林が単騎のリーチ・チートイツ・赤1で攻めると、2番手争いの黒沢から討ち取り。9600点を加点し、見事6万点オーバーの大トップを獲得。

パイレーツのリーダー・小林が、5戦目にして初勝利をものにした。

勝利者インタビューで小林は「めくり合いに勝ててラッキーだったな、って感じですね。ボクってトップが少なくて、ラスはもっと少ない麻雀なので5戦1勝ならこんなもんじゃないですかねと喜びを圧し殺しながら淡々と語った。

【Result】

1着 U-NEXT Pirates・小林剛 6万1400点/+81.4
2着 赤坂ドリブンズ・村上淳 3万3700点/+13.7
3着 TEAM雷電・黒沢咲 1万6000点/▲24.0
4着 渋谷ABEMAS・松本吉弘 ▲1万3800点/▲73.8

【Total】

1位 EX風林火山 +147.4(12/90)
2位 渋谷ABEMAS +125.1(13/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +70.0(12/90)
4位 TEAM雷電 +14.2(13/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲2.2(12/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲61.1(13/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲79.9 (12/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲215.3(13/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月21日の対戦は
U-NEXT Piratesvs TEAM RAIDEN / 雷電vs赤坂ドリブンズvs渋谷ABEMAS

キャスト

U-NEXT Pirates
TEAM RAIDEN / 雷電
赤坂ドリブンズ
渋谷ABEMAS
実況:小林未沙
解説:滝沢和典
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ2019 Pirates vs雷電vsドリブンズvsABEMAS

この記事のタイトルとURLをコピーする