多井隆晴、シーズン最終戦をトップで飾る!!

多井隆晴、
シーズン最終戦をトップで飾る!!

3月31日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その最終日最終戦は、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)がトップを獲得。
渋谷ABEMASは総合3位、優勝は赤坂ドリブンズ、2位がEX風林火山、4位がKONAMI麻雀格闘倶楽部で初年度のファイナルシーズンを終えた。

対局者は、
赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)
EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、
KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)、
そして多井。

並びは、佐々木・多井・勝又・鈴木。

最終戦は、渋谷ABEMASとKONAMI麻雀格闘倶楽部の3位争いに焦点が絞られた。

開局、佐々木が勝又から2900をアガるも、同1本場に鈴木に早い巡目の跳満テンパイが入り、佐々木がこれに放銃。

しかし佐々木も負けてはいない。東2局の鈴木のリーチに真っ向勝負。
軍配はドラアンコの佐々木にアガる。鈴木からのマンガン直撃で勝負は振り出しに。

東3局1本場、親の勝又がドラアンコでリーチをかけると、多井が現物待ちテンパイをリーチで追いかけ、勝又から一発で討ち取ってマンガン。麻雀格闘倶楽部に水をあける。

オーラス、2着で親番の鈴木がリーチ・一発・ツモ・ドラ1・ウラ1の4000オールで多井を逆転。

同1本場、鈴木はノーテンでトップ終了という状況で、多井からのリーチを受ける。
鈴木はテンパイを維持しつつも、残り2巡でオリを選択。
しかし多井がハイテイ・ツモ!

劇的なツモアガリで、多井が最終戦トップでシーズンに幕をおろした。

多井は勝利者インタビューで、
「今までにないこういう大きな舞台で打てることに、感謝しながら打ちました。個人優勝できたことで、藤田社長に半分くらい恩返しできたかなと思いますが、やはりチーム優勝したかったです」と3位で終えた悔しさを語った。

【Result】
1着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)5万4100点/+74.1
2着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)4万7100点/+27.1
3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟) 8500点/▲31.5
4着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟) ▲9700点/▲69.7

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +594.5(24/24)
2位 EX風林火山 +83.0(24/24)
3位 渋谷ABEMAS ▲147.0(24/24)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲282.0(24/24)

10月1日に開幕したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」
レギュラーシーズンを終え、上位4チームがファイナルシリーズへと進むことになった。
赤坂ドリブンズ,EX風林火山,KONAMI麻雀格闘倶楽部,渋谷ABEMAS
の4チームで初代王者の座をかけて戦う。

ファイナルシリーズは全24戦で決着。1日3戦を戦う。
Mリーグ初代王者になるチームはどこだ!?

(C)AbemaTV
Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ最終日

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする