魂を込めた覚悟の一打!瀬戸熊と近藤が味わった”18pt”【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Thu】

魂を込めた覚悟の一打!

瀬戸熊と近藤が味わった

”18pt”

文・真中彰司【木曜担当ライター】2018年12月20日

12月20日。霧笛記念日?シーラカンスの日?そんな場合ではない!

この日のMリーグは、セガサミー以外は今年の最終戦となる戦い。

なんとしても良い形で今年を終えたいと思うのは当然だろう。

そんな思いを抱いて卓上に登場したのは雷電・瀬戸熊直樹だ。

雷電としては年内にトータルプラスに戻しておきたいところだ。

南1局。瀬戸熊は東場を終え、頭一つ抜けたトップ目。

3着目の前原が親なので、是が非でも流して石橋との1対1に持ち込みたい場面だ。

中盤でをポンして、待ちで3900点の聴牌。

そこに”門番”こと前原が立ちはだかる。

何とか追いつき、とドラのシャンポンでリーチをかけた。

一発で瀬戸熊が掴んだのはまさかの

一瞬の間こそあったが、瀬戸熊は意を決してそのをツモ切った。

前原の「ロン」の声が低く響く。無情な18000放銃。

さて、この放銃を視聴者はどう捉えるだろうか?

もちろん「やりすぎ」「トップ目だから守ればいいのに」という声もある。

はたまた「これは押すしかない」「強く行って当然」という声もある。

降りる人の方がやや多いように感じるが、実際はどうなのだろうか?

①降りる理由

49900点持ちのトップ目から放銃して、着順を下げるリスクを背負う必要は無い。

更にドラで一発放銃すれば、相手の打点は12000点以上だろう。

幸いにもが現物で、更にが4枚見えでが通っている。

そのためも比較的安全な牌と言えるだろう。

②押す理由

自分が両面テンパイで、リーチの現物はのみ。

もしを抜いてもいずれ手詰まりになってしまう。

ならばアガった方が早いという見方だ。

更にダンラスの近藤も2副露で応戦している。

近藤には刺さっても良いと考えて押すのも一手だろう。

このように、どちらの選択にもいくつかの理由が存在する。

では、なぜ瀬戸熊は押したのか?

それには、瀬戸熊の心情を少し想像する必要がある。

まず、前回の2連ダンラスの分を取り返したい気持ちはあるはずだ。

そして前原の雀風なら、愚形リーチも十分有り得ると読むのも当然だろう。

更に、瀬戸熊にとって

アガリ逃しは最大のタブー

なのだ。

ここで押さなければ

瀬戸熊直樹の麻雀

とは言えないのだろう。

その自問自答の末に瀬戸熊は押しを選択したのではないだろうか。

勿論、降りた方が良いという意見も正しい。私もこの局面では降りる。

だが、この

「これが雷電の、僕の麻雀です」

という覚悟の一打だったのだ。

そして、決死の覚悟を見せる選手がもう一人。セガサミー・近藤誠一だ。

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!