堀慎吾、東場で稼いで独擅場!! 6勝目を掴んで、さらに連闘宣言!!

堀慎吾、

東場で稼いで独擅場!!

6勝目を掴んで、

さらに連闘宣言!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕77日目、第1戦は堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。東場で2度のマンガンを決めた堀がひさびさのトップ。サクラナイツは5位にワンランクアップとなった。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まり渋谷ABEMAS日向藍子セガサミーフェニックス魚谷侑未、そして堀の4名。

東1局、南家・高宮のリーチ・ツモの500・1000で幕を開ける。

ひさしくトップのなかった堀が、いきなりチャージをかける。東2局、国士模様の高宮から【東】が鳴けた堀、ドラ2・赤1のマンガンをテンパイ。待ちは【5ピン】【8ピン】。西家・日向からリーチがかかり、高宮がリーチの現物の【8ピン】を切って堀に放銃。堀、まずは8000点を獲得。

東3局は、親の魚谷と堀のリーチ合戦。魚谷の【1マン】【4マン】対堀の【4ソウ】【7ソウ】。魚谷が【4ソウ】を掴んでドラ1・赤2の8000点を放銃。堀は早くも4万点を超える。

南1局2本場、ラス目の魚谷が【7ピン】ポンから仕掛けて【南】アンコの【5ソウ】【8ソウ】待ちテンパイ。日向との同テンだったが、魚谷が【赤5ソウ】をツモって決着。700・1300のアガリで2着以下がほぼ横並びに。

南4局、魚谷がタンヤオトイトイ模様の手牌から【6ソウ】を鳴いて赤牌マタギの【4マン】【7マン】待ちテンパイに受ける(ドラ【6マン】)。【7マン】をツモって魚谷のアガリ。1300・2600で2着を確保。以下、日向・高宮の並びとなった。

堀はインタビューで、

「(久しぶりのトップは)うれしいです。焦りよりもチームが危なくなってたので、ここでしっかりトップを取れてうれしいです、ハイ。(女性3人相手について)負けると思ってました。でも負けたとしても監督の采配ミスなので、気楽にいきました」

と語った。

【Result】
1着 堀慎吾サクラナイツ 4万200点/+60.2
2着 魚谷侑未・フェニックス 2万6500点/+6.5
3着 日向藍子・ABEMAS 2万500点/▲19.5
4着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 1万2800点/▲47.2

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +312.7(76/90)
2位 EX風林火山 +281.1(76/90)
3位 セガサミーフェニックス +231.9(77/90)
4位 渋谷ABEMAS +217.1(77/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ +99.5(77/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +82.2(77/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲139.7(76/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲1104.8(76/90)

大和証券 Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックス

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
2月17日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/