KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠が病気の治療のためにMリーグを欠場

Mリーガー・沢崎誠

4月3日、KADOKAWAサクラナイツが公式Twitter・公式YouTubeチャンネルにて、沢崎誠が「原発性骨髄線維症」の治療のため4月7日のMリーグセミファイナル最終戦以降に数ヵ月間入院すること、併せてチームがファイナルに進出したとしても、試合を欠場することを発表した。

沢崎は病気を抱えながら今シーズンを戦っており、瑞原明奈と最後まで個人MVP争いを繰り広げるなど活躍。レギュラーシーズン最終戦終了後に瑞原と握手を交わしたシーンは、今シーズンの名場面となった。

長期の療養に入る沢崎だが、セミファイナルまでは試合にも出場する予定とのこと。まずは病気の回復を願うと共に、セミファイナルでの活躍、そして無事復帰し、変わらぬ強さを見せてくれることを期待したい。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • Mリーガー・沢崎誠

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!