鈴木たろう、快勝!! Mリーグ初代王者にリーチ!!

鈴木たろう、快勝!!
Mリーグ初代王者にリーチ!!

3月30日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その7日目1回戦は、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)がトップを獲得。
鈴木はこのファイナルシリーズに、9戦して5勝7連対という素晴らしい成績をあげた。

対局者は、
EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、
KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(日本プロ麻雀連盟)、
渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)、
そして鈴木。

並びは、松本・勝又・前原・鈴木。
東4局の親番で、6000オールを皮切りに連荘に成功した鈴木は、4本場まで積んで5万6千点のトップを獲得。

オーラス、総合2位の勝又が4位から2位に浮上するアガリを決めて、総合1位・2位のチームがワンツーフィニッシュを決めた。

鈴木は勝利者インタビューで、
「いろんなシミュレーションをしてたんですけど、その必要がないくらい手が入りましたね(笑)」
と語った。

【Result】
1着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)5万6800点/+76.8
2着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟) 1万6400点/▲3.6
3着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会) 1万5200点/▲24.8
4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟) 1万1800点/▲48.2

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +527.0(19/24)
2位 EX風林火山 +188.0(19/24)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲225.8(19/24)
4位 渋谷ABEMAS ▲240.7(19/24)

10月1日に開幕したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」
レギュラーシーズンを終え、上位4チームがファイナルシリーズへと進むことになった。
赤坂ドリブンズ,EX風林火山,KONAMI麻雀格闘倶楽部,渋谷ABEMAS
の4チームで初代王者の座をかけて戦う。

ファイナルシリーズは全24戦で決着。1日3戦を戦う。
Mリーグ初代王者になるチームはどこだ!?

(C)AbemaTV
Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ7日目

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする