セガサミーフェニックスの守護神 近藤誠一がセミファイナル初日で魅せた“第三の選択”【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー

熱論!Mリーグ【Mon】

セガサミーフェニックスの

守護神 近藤誠一が

セミファイナル初日で魅せた

“第三の選択”

文・ゆうせー【月曜担当ライター】2020年3月16日

セミファイナルシリーズ初日。第2戦目。

 

東家 沢崎誠(サクラナイツ)

南家 近藤誠一(セガサミーフェニックス)

西家 瀬戸熊直樹(TEAM雷電)

北家 多井隆晴(渋谷ABEMAS)

実況 小林未沙

解説 村上淳 丸山奏子

この試合、東場は、

東2局2本場

沢崎の三色、1000は1600のアガリ。

東3局

沢崎のリーチドラドラ、5200のアガリ。

東4局

沢崎のリーチ赤赤裏、8000のアガリ。

沢崎の独壇場であった。

そこに、南1局

リーチ一発ツモ裏、2000-4000のアガリを繰り出した瀬戸熊が追いすがる。

この両者が、南3局3本場でぶつかるが、

瀬戸熊の切ったを、

沢崎がとらえる。リーチドラドラ裏、8000点の直撃はあまりにも大きい。

だが、迎えたオーラス。南4局で形式テンパイを入れて親をつないだ多井、

南4局1本場、沢崎から、東赤ドラの5800は6100を直撃。

これで一気に混沌としてくる。

現在4着の多井はひたすら親を続けていくのみ。6000オールをツモろうものならトップはもうすぐそこだ。

目下2着の瀬戸熊は、ハネマンツモ、満貫直撃でトップになれる条件が転がり込んできた。

チームポイントがマイナスであることを考えても、トップが狙える限りは貪欲に追っていきたいところだ。

トップにいる沢崎はこのままこの半荘を終えるのが理想だ。

そして、ここまでずっと息を潜めていた3着目の近藤。

南4局2本場の手牌はこのようになっていた。

良い手だ。赤とドラが自然に使える形で入っている。一気通貫や345の三色も絡めればハネマン級も望める手格好。メンツのタネは足りているので、ここは近藤打として、いたずらにメンツ候補を増やさないように構えた。

次巡、を引いて打

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!